ここから本文です

「米国史上最大の美術品詐欺」を、贋作鑑定人はどう暴いたか

WIRED.jp 2/17(金) 22:30配信

そのジャクソン・ポロックの絵画は、どこか変だった。

まず、実体顕微鏡による3D画像から、記されたサインが針でトレースされていることが明らかになった──つまり、偽造サインだ。

【2枚のレンブラント──片方はストックフォトでつくった「贋作」です】

さらに、直径1/1,000mmのサンプル領域でも分析できる超高精度を誇るラマン顕微鏡を使って作業を行ったジェイミー・マーティンは、「ナフトールレッド(ピグメントレッド170)」の存在を特定した。ポロックの死後、何十年も経ってから広く使用されるようになった顔料だ。そう、この絵画は偽物だったのだ。

美術史家、学芸員、あるいは捜査当局が、ある芸術作品が本物ではないと疑うとき、彼らはOrion Analyticalに連絡する。Orion Analyticalは、マーティンがひとりで運営する「物質解析とコンサルティングを手がけるマイクロニッチ企業」だ。長年にわたってマーティンは、エジプトの工芸品から珍しいワインボトルまで、ありとあらゆるものを分析し、そこにごくわずかな不備を見つけてきた。

「肉眼には見えない、非常に小さなサンプルを分析しています」とマーティンは語る。

その分析においてマーティンは、調査、美術史に関する自身の膨大な知識、そして高度に特化されたツール群──顕微鏡やカメラ、分光器──を頼りに、「偽造者は別の絵画の上にペイントしたのか?」「その材料は、作品が作成された年代と一致しているか?」「何らかの要素があとから加えられているか?」「サインは本物か?」などといった問いに答えを出していく。

結局、前述のポロックの贋作は、ある中国人アーティストの手でニューヨークのクイーンズで作成され、1994~2008年にマンハッタンの一流画廊「Knoedler Gallery」によって販売・委託された約40点におよぶ贋作のひとつであることがわかった。

FBIの贋作鑑定人

被害総額およそ8,000万ドルにのぼるこの事件は、米国の歴史上で最大となる美術品詐欺だ。マーティンは、約40点におよぶ贋作のうちの16点を分析し、時代に一致しない材料や、電動サンダーを使用した痕跡などの不備を発見した。マーク・ロスコの贋作をめぐって行われた2,500万ドルの損害賠償を請求する訴訟では、マーティンは2016年、鑑定人として出廷を要請された(ポロックの贋作に関する訴訟は係争中)。

1990年代初めに、文化財の修復や保存処理を行う保存科学者として活動を開始したころのマーティンは、連邦捜査局(FBI)とともに事件の捜査にあたる自身の姿を想像もしていなかった。当時の彼はおもに、学芸員が修理・修復に適した材料を選べるように、美術品の分析を行っていたのだ。しかし細部に対するその鋭い目は、やがてマーティンを世界で最も優れた贋作鑑定人のひとりへと変えた。現在、マーティンはFBIで顧問を務めており、ヴァージニア州クアンティコにあるFBIアカデミーで「痕跡分析のための赤外分光法」などの授業を行ってきた。

「技術と調査を活用して芸術作品の物語を伝えるのがわたしの仕事です」とマーティンは語る。「科学者としてのわたしは、その芸術家はどのような人物だったのか、彼らは何を生み出したのかなどについて、未来の世代が正しく深く理解できるように、美術史を守る責任を感じています」

真実の発見を手助けすることが責務だと感じているマーティンだが、彼がいちばん好きな仕事はちょっと違う。マーティンは、ニューヨークのアメリカ自然史博物館(AMNH)にあるシロナガスクジラの巨大模型を再塗装するのに適した材料を決めたり、同市の歴史的建築物に使われているブラウンストーンの表面が、なぜ黒く変色して剥がれ始めたのかを解明したりするようなプロジェクトのほうが好きなのだ。「文化財を保存するコンサヴァターたちに協力できるときが、わたしにとって最高の一日です」と彼は語る。

1/2ページ

最終更新:2/17(金) 22:30

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.27』

コンデナスト・ジャパン

2017年2月13日発売

630円(税込み)

現代の科学を問う「サイエンス」特集。「科学はいかに『自由』を取り戻すのか」また、アメリカの戦いの時代の姿を描くレポート「ふたつのアメリカ」も掲載。

Yahoo!ニュースからのお知らせ