ここから本文です

高校選抜はなぜJ選抜を圧倒できたのか?知られざる舞台裏の“変革”に迫る

SOCCER DIGEST Web 2/18(土) 21:58配信

より“勝負”や“チーム”を意識したシビアな選考

 また、選手権の大会優秀選手に限定されていた選手選考についても変革があった。現在は夏のインターハイで活躍した選手を中心に別枠でのピックアップが行なわれており、予選敗退校のなかから、とりわけ有能な下級生をチームに加えるようになっているのも大きい(予選敗退校から選ぶ試み自体は以前からあり、年度によってやり方が異なる)。より幅広く、様々なチームの選手にチャンスを与え、将来性のあるタレントに欧州遠征を含めた経験を積んでもらおうという意図だが、単純に高校選抜の戦力アップという面でも小さからぬ意味があった。
 
 今回のチームにも、先制点を叩き込んだFW町野修斗(履正社高/2年)や3点目をアシストしたMF松本泰志(昌平高/3年→サンフレッチェ広島)といった、選手権では惜しくも府県予選で涙を呑んだ選手たちが参戦。高校選抜の底上げが実現している。
 
 こうした変化を踏まえ、かつては選手権で活躍した選手たちに与える“ご褒美”のイメージが強かった高校選抜チームでは、より“勝負”や“チーム”を意識したシビアな選考が行なわれているのだ。
 
 黒田監督は常々、Jクラブと切磋琢磨する意義を強調してきたが、高校選抜というJリーグ開幕以前から続く枠組みもまた、Jとの戦いを通じてブラッシュアップされた一面がある。
 
 4-0というスコアだけを抽出しても大した意味はないのだが、高校選抜の仕組みや意識自体が着実に変化し、両者の力関係に変化が生まれてきているのも確かである。
 
取材・文:川端暁彦(フリーライター)
 

2/2ページ

最終更新:2/19(日) 2:27

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ