ここから本文です

林原めぐみと沢城みゆきが「境界のRINNE」新章に!

2/20(月) 22:25配信

ザテレビジョン

NHK Eテレで、4月8日(土)より「境界のRINNE」第3シリーズの放送が決定(毎週土曜昼5:35‐夜6:00)。また、新たな登場キャラクター2人の声を沢城みゆきと林原めぐみが担当することが分かった。

【写真を見る】新キャラクターの人気占い師、姉祭・アネット・瞳

同番組は、“死神みたいな仕事”をしている貧乏な高校生、六道りんねと、幽霊が見える冷静沈着なヒロイン、真宮桜を中心とした個性豊かなキャラクターたちが登場する学園&ラブコメディー。

第3シリーズでは新たに、超人気の占い師、姉祭・アネット・瞳と、謎に包まれていたりんねの母、六道乙女が登場する。

アネットを演じることになった沢城は、「アニメ『犬夜叉』を楽しみにしていた月曜の夜を懐かしく思い出しました。高橋留美子先生の漫画の一員になれること、とてもうれしく今からワクワクしているところです!」と素直な感想を語った。

一方、乙女役に決まった林原は、「ああ、やっと出ることができます。『らんま1/2』から、どれだけ待ち望んだことでしょう。やっと、やっと“高橋留美子ワールド”へ帰って来ました。狂喜乱舞でござぁいます。先生から頂いたお年賀状のイラストとコメントを胸に抱きアフレコに臨みます」と、思い出を振り返りながら、今作への参加の喜びを表した。

最終更新:2/20(月) 22:25
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)