ここから本文です

あなたはどのタイプ? 結婚できない5大女子の典型的な特徴&口グセとは

週刊女性PRIME 2/20(月) 8:00配信

 仲人資格をもち結婚相談所を主催するライターの鎌田れいが、仲人から見て、なかなか結婚が決まらない女子の5大タイプと、それぞれの特徴や口グセも紹介します──。

すべてのタイプの解説はコチラ

 ◆クヨクヨ女子

 石橋を叩いても渡らないマイナス思考タイプ。“どうしたら結婚できるか”より“だから結婚できない”という理由ばかり探して、負のスパイラルに巻き込まれている。毎朝、鏡の前で「私は結婚できる」と100回唱えてください。

 ◆経験過剰女子

 美人が多く、遊びの誘いを“モテ”と勘違いするタイプ。声をかけてきた男性とすぐに身体の関係を持ち、しばらくは続くが“結婚”を迫ると男は去っていく。男が結婚したがるまでは“寸止め”して、簡単にはさせないこと。

 ◆バリキャリ女子

 バカな女に見られると猛反発。話し方も「つまり」「いわゆる」などを多用して理論武装するので男性から見ると可愛げがない。会社では“鬼軍曹”なんてささやかれていることも。“好き”になったら“隙”を作りましょう。

 ◆節約ビンボー女子

 合コンに誘われても、参加費をケチって出ていかず出会いが少ない。女性無料の婚活居酒屋や婚活バーに出向き、独身を装った既婚者などにだまされることも多い。意中の男が現れたら「両親に会って」と言って反応を見て。

 ◆夢見るバージン女子

 潔癖主義者で優等生。年々Hへのハードルが高くなるばかりのタイプ。“無理して結婚しなくてもいい”と思う一方で、いつか白馬の王子様が現れると信じている。“誰とでもいいから”とは言わないが、まずはHにチャレンジ。

結婚できない女子あるあるセリフ10連発

★「妥協してまで結婚したくないの」

 アラフォー女子が、年下や年収800万円以上の男性を狙っても、現実は厳しい。

★「会社で頼りにされて、仕事が忙しい」

 明日、会社を辞めたら次の人がその仕事を受け継ぐので、心配ご無用。

★「結婚しなくてもいいから、子どもは欲しいのよね」

 そんな女性に「僕が子どもをつくってあげる」という男性は、まずいません! 

★「私って、年下としか付き合ったことがないのよね」

 本当に付き合ってた? 月に1~2度会うだけのセフレだったのでは? 

★「結婚するなら〇〇な人がいい」

 “指が細い”“マッチョ”などのフェチ要素をあげ、「そういう人がいたら結婚する」

★「いい人がいたら紹介して?」

 そう言われた人たちは“アラフォー女に紹介できる男はいない”と心の中でつぶやきます。

★「独身の友達と“老後はみんなでシェアハウスに住もうね”って言ってるの」

 老女だらけのシェアハウスって、どう? 

★「ひとりのほうが身軽だし、何でも自分で選択できる人生のほうが楽しい」

 老いて身体が自由に動かなくなってしまったら? 

★「忘れられない人がいる」

 と言いつつ、その人とは数回会っただけ。Hどころか手もつないでいない。

★「占いで“今年はパワースポット巡りをしなさい”って言われたの」

 増えるのは、お守りと水晶玉と怪しい壺ばかり。

最終更新:2/20(月) 8:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」3月28日号
/ 毎週火曜日発売

特別定価390円(税込)