ここから本文です

これぞジャパンクオリティ! 下町の職人が作った500色の色えんぴつが美しすぎる

2/21(火) 6:30配信

東京ウォーカー

並べてみるだけでも楽しい色えんぴつは、子どもの頃、夢中で絵を描いていた記憶を蘇らせてくれるツールですよね。今回は鮮やかな色彩が素敵な色えんぴつの秘密をのぞいてみませんか。

【写真を見る】 最高の技術を持つ職人たちが“500色”という膨大かつ繊細な色づくりに挑戦

株式会社フェリシモは、人気の色えんぴつシリーズの第4弾『フェリシモ 500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS』(1回あたり税別2600円)の予約販売をウェブ上で開始しました。

1992年にスタートした『500色の色えんぴつ』は、これまでに累計5000万本(10万セット)を売り上げたベストセラー文具です。

新シリーズは3.5mmという少し太めの芯と、形状が丸みを持った7.6mmの角柱なため、手になじみ、転がりにくい作りとなっています。また外観に施された色鮮やかな塗装に加え、マットなシルバーのロゴ、刻印が上質さを醸し出しているのが魅力です。

さらに芯から本体の製造工程は、今や希少となっている日本国内で行っています。赤一つとっても、『New Bike(まっさらな自転車)』や『Heavenly Hibiscus(天国のハイビスカス)』といった微妙なお色の違いは、東京・下町の職人さんによるきめ細やかな調合の賜物なのです。しかも書き味が滑らかなため、使う方の感性を磨くこと間違いないでしょう。

「東京で生まれた500色のしあわせの種から、持つ人それぞれの色の花を咲かせてほしい」との願いが込められた『フェリシモ 500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS』は、毎月20本ずつ、合計25回にわたって届けられます。なおペンケースや情報カード、ペーパークラフトカードとセットで届きますので、プレゼントにしてもおすすめです。

専用ラックに飾っても美しい、日本ならではの最高品質を誇る色えんぴつで、あなたにしか表せない色彩を描いてみませんか。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:2/21(火) 6:30
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。