ここから本文です

“個人的な理由”で柴崎がテネリフェから一時離脱 地元紙「復帰時期は未定」と先行き不透明に…

2/21(火) 9:49配信

Football ZONE web

19日にバルセロナへ移動したとクラブが公式に発表

 スペイン2部テネリフェに今冬の移籍市場で加入したMF柴崎岳は、不安障害などにより練習参加できない日々が続いているが、19日にクラブの許可を得てチームを離脱した。クラブからもバルセロナに向かったと発表されたが、地元メディアは1月31日の加入後、練習参加がわずか一度の司令塔について「復帰時期は未定」としている。スペイン地元紙「ラ・オピニオン・デ・テネリフェ」が報じている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 胃腸炎や不安障害の症状でチームの練習に参加できていない柴崎は、大西洋に浮かぶ島から一度離れることになった。クラブ公式ツイッターは「個人的な理由のため、クラブは柴崎がバルセロナへ移動することを認めた」と発表した。

 体重を6キロ減らしたと報じられる柴崎は、18日にようやく公の場に姿を現した。チームが1-0と勝利した本拠地アルメリア戦をスタンドで観戦したが、まだ練習に参加できるコンディションではないようだ。

半年契約も新天地デビューの目処立たず

 記事では「テネリフェはホセ・ルイス・マルティ監督の下で、わずか一度しか練習に参加していない日本人のフットボーラー、ガク・シバサキを個人的な理由でバルセロナに出発することを許可した」「クラブの意向は日本人が島に戻り次第、新しい同僚と練習をスタートさせることだが、復帰時期の詳細は未定だ」と報じている。

 1月の移籍市場で即戦力として期待された柴崎は、異例の半年契約で念願のスペイン挑戦をスタートさせたが、心身のコンディションを崩して練習復帰の予定も立たず。新天地デビューの目処も、いまだ立たないようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:2/21(火) 12:35
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新