ここから本文です

アーセナル、次も“連続ジャイキリ”の英5部が相手。FA杯ベスト4進出をかけた一戦

2/21(火) 7:56配信

フットボールチャンネル

 現地時間20日にFA杯5回戦の試合が行われ、アーセナルはイングランド5部のサットン・ユナイテッドと対戦し2-0の勝利をおさめている。この結果、アーセナルは準々決勝でイングランド5部のリンカーン・シティと対戦することになった。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 アーセナルは19歳のジェフ・レーヌ・アデレードを先発起用し、同じく19歳のメイトランド・ナイルズをベンチ入りさせるなど、リーグ戦からメンバーを変更。数人の主力選手を温存して試合に挑んだ。ルーカス・ペレスやセオ・ウォルコットがゴールを決めて2-0の勝利をおさめている。

 チェルシーはマンチェスター・ユナイテッドと、トッテナムはイングランド3部のミルウォールと準々決勝で対戦することが決まっており、アーセナルもリンカーンと対戦することになる。またしてもプロとアマチュア混合のノン・リーグ(イングランド5部以下)に所属するクラブと対戦することになった。

 リンカーンはFA杯1回戦でイングランド6部のアルトリンチャム相手に2-1の勝利をおさめ、2回戦でイングランド3部のオールドハム・アスレティックに3-2の勝利をおさめている。さらに3回戦ではイングランド2部のイプスウィッチ・タウンを破り、4回戦では同じく2部のブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン相手に3-1の勝利をおさめた。

 そして5回戦ではプレミアリーグのバーンリー相手に1-0の勝利をおさめて勝ち上がってきている。ジャイアントキリングを繰り返しており、FA杯の”ダークホース”とも言える存在で、アーセナルと言えども気の抜けない相手だ。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)