ここから本文です

“極上”のおもてなしで癒してくれる美人若女将に注目!

2/21(火) 22:11配信

GQ JAPAN

今回は東京から一時間半で行ける湯河原温泉で美人だと評判の若女将、谷澤杏奈さんに話を訊きました。

【美人女将のフォトギャラリーはこちら!】

谷澤杏奈さん(湯河原温泉 旅館「魚判」若女将)

【パーソナルデータ】
■年齢:24歳

■誕生日:1992年6月15日

■出身地:神奈川県

■血液型:O型

■身長:157cm

■スリーサイズ: B78 W58 H83

■薬指のサイズ:4号

■靴のサイズ:23cm

■住まい:神奈川県足柄下郡湯河原町

■趣味:お菓子つくり

■特技:裁縫・歌を歌うこと

■性格:基本明るくポジティブです!が、以外と神経質かも

■よく行くお店:RH Cafe

■よく聴く音楽:工藤静香さん

■好きな男性芸能人:反町隆史さん

■好きな言葉:「もう二度と戻れない過去より、今ある幸せを見る努力をしなさい」

■好きな色:黒と白

■好きなビーチやリゾート地:グアムです。日本からも近く、海もきれいで好き

■好きなファッションブランド:ADORE

■好きなバッグのブランド:FENDIの落ち着いた感じが好きです

■普段使っているコスメブランド:CLINIQUEを愛用しています

■週末の過ごし方:掃除 時間があれば徹底的に掃除をします

■お酒はどのくらい飲めますか?:結構飲めます!

■GQ JAPANの印象:お洒落でカッコいいハイレベルな雑誌!編集長の鈴木正文さんとは以前番組で共演させて頂きました!またお会いしてお話したいです!! 是非企画してください(笑)


「一目惚れ体質」と言いきる、色香漂う24歳

淡い色合いで控えめな着物に、きっちりと塗られた口紅。24歳ながら落ち着きのある風情に思わず身を委ねてしまいそうな癒し系美女が谷澤杏奈さんだ。彼女は神奈川県の湯河原で生まれ育ち、家業である旅館「魚判」で若女将を務めている。


「幼い頃から実家の家業である旅館を手伝っていて、いつかは女将として看板を背負うんだろうなぁと思っていました。ですので、大学卒業後は自然な流れで若女将に。毎朝早かったり、料理を細かく把握することなど大変なことも多いですが、お客様が笑顔でお帰りになられる姿を見られることが何よりのやりがいです」

旅館「魚判」は懐石料理と細かなサービスが評判の旅館。実家に帰ってきたようなアットホーム感が人気を集め、最近では海外からのゲストも増えているという。そんな中、若女将を務める谷澤さんは時代の流れを汲んで、新たな視点からの試みに挑戦し、日々奮闘している。

「海外からのお客様がよく希望されることから取り入れた、マクロビのメニューに磨きをかけています。2020年の東京オリンピックも視野に入れて。他には、さらなる癒しを提供できたら!と、女性限定のサービスも提供したりしました。地元・湯河原の旅館業を盛り上げて皆様に湯河原の良さを知っていただけるように、PRをしていきたいです」

ふた回り上もOK!? 実はサバサバな若女将の恋愛事情は?

信念は強く、着物姿が良く似合い大和撫子のような奥ゆかしさも漂わす彼女。しかしプライベートでは意外な一面があって……。

「見た目は落ち着いて見られがちですが、実は周りからよく喋るねって言われるほどずっと喋っています。ひとりで家にいてもしゃべってるので、一緒にいると疲れるタイプかもしれません(笑)」

取材中も仕事から恋愛までくったくなく話してくれる彼女。その話しぶりと笑顔にこちらも明るい気持ちになれる。しかしその明るさとは裏腹に、恋愛では悩むことは多いそうで……。

「めっぽうポジティブな性格だと思うんですが、恋愛になるとダメなんです。以前お付き合いしていた人はふた回りくらいの方でしたが、年齢とは関係なくいろいろなことに悩んでしまいました」

と、赤裸々な過去の恋愛話もしてくれた。どういうことなのか?ものすごく気になるんですけど……

でも、こんなにも美しい女性を周りの男性が放っておくわけがなく、「一緒にいると元気になれる」と言ってくれる男性が現れたとか、そうでないとか。

湯河原の美人女将が誰かの美人妻になる日が来たら、旅館の来客数も落ちそうだ?!


【恋愛観】
■好みの男性像:一目惚れ体質なのでフィーリングが合う人がいいです

■好みの異性の仕事・業種:同業者以外!(笑)

■男性の好きなファッション:海辺が似合いそうなファッション

■スーツの男性は好きですか?:もちろん好きです!自分のサイズにきちんと合ったスーツを着ていると素敵だと思います

■男性が乗る好きなクルマ:レンジローバーのヴォーグが好きです

■男性がつける好きな時計:何でもOKです

■好きな相手がとても仕事が忙しかったら、あなたはどうしますか?:癒してあげられる環境づくりをして、一緒にいて安心してもらえるよう努力します

■男性の身体のパーツで見るところ:眉毛、鼻、お腹、二の腕を見ます

■ドキッとする告白のシチュエーションと言葉:家でリラックスしてるときに「好きだよ」って自然に言われたいです

■お金を気にしないでいいなら、最高に贅沢なデートプランは?:贅沢をするよりも将来のために貯金をしてほしいです(笑)

■今年のお誕生日はどうすごしましたか?:誕生日は彼の時間を1日独占してわがままを聞いてもらいたいです

■今までのプレゼントで一番困ったものは?:ぬいぐるみ

■彼氏からもらうバースデープレゼントの妥当な金額は?:基本は身の丈にあった金額が望ましいですけど、10万円くらいかなと思います

Photos: Tomoya“TANY”Taniguchi Text: Aoi Itabashi

最終更新:2/21(火) 22:41
GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2017年9月号
2017年7月24日発売

600円(税込)

『ベイビー・ドライバー』主演、アンセル・エルゴート登場/クルマが恋人の若者たち/10トップワールドニュース/三越ワールドウオッチフェア“明日”のヴィンテージ時計