ここから本文です

アップル、ようやくインドでiPhoneの生産開始か

JBpress 2/21(火) 6:00配信

 インドの経済紙エコノミック・タイムズや英ロイター通信などの報道によると、アップルがかねて計画していたiPhoneのインド生産がようやく始まる見通しになったという。

■ iPhoneはとてつもない高額商品

 アップルの製造パートナーである台湾の電子機器製造受託業者、ウィストロン(緯創資通)が、インド・カルナータカ州の州都、バンガロールにiPhoneの組立業務に特化した工場を設置する予定で、この工場は早ければ今年4月にも稼働する。ただ、当初は30~40万台という最小限の生産台数に抑えられると情報筋は話している。

 エコノミック・タイムズなどによると、この工場ではアップルが昨年3月に発売した廉価モデル「iPhone SE」の組み立てを行う。その狙いは、インドにおけるiPhoneの価格を引き下げることだという。

 インドにおけるiPhoneの価格は、最新機種のストレージ容量が小さいモデルで約5万インドルピー(約8万4000円)。だが同国では70~80%のスマートフォンが1万ルピー(約1万7000円)以下で売られている。

 また廉価モデルであるiPhone SEの発売当初の価格は3万9000ルピー(約6万6000円)以上だった。最近は3万ルピー(約5万円)程度に下がったというが、それでも同国で売れ筋のスマートフォンに比べ高額。iPhone SEがインド国内で生産されることになれば、同モデルの価格はさらに下がることになると、エコノミック・タイムズは伝えている。

 香港の市場調査会社、カウンターポイント・リサーチの推計によると、アップルは昨年250万台のiPhoneをインドに出荷した。この台数と売上高は同国向けiPhoneとして過去最高を更新。しかし、インドにおけるアップルの市場シェアはわずか2%未満で、同社は第10位のメーカーにとどまっている。

■ 長引くインド政府との協議

 インドにはアップルが求める高性能部品を供給できるメーカーが少ないため、アップルのインド工場はiPhone用電子部品を同国に輸入する必要がある。しかし、それらの部品にはインドの関税がかかる。

 そこで、アップルは同国でiPhoneの組立業務を始める条件として、課税軽減などの特別措置をインド政府に求めているが、その協議はアップルの思うように進展していない。

 今回の報道によると、アップルはインド政府との協議の結果を待つことなく同国で組立業務を始める。このためiPhone SEの当初の製造は、課税軽減措置の適用、非適用に関わらず始まると、情報筋は話している。

■ アップルとインド政府の双方にメリットあり? 

 それでもアップルはiPhoneを現地で組み立てることで、完成品をインドに輸入するのに比べ、10~12%の節税が可能になると、エコノミック・タイムズは伝えている。これにより同社は、その分の費用を小売り事業や販売チャンネルの強化に当てられるという。

 さらにiPhoneのインド国内組み立てというこの施策が、ナレンドラ・モディ首相が進める「Make in India(インド製造業の促進)」政策を後押しすると認められれば、アップルは同国で初となる直営店「Apple Store」を開設できる可能性があると伝えられている。

(参考・関連記事)「
アップル、インドにiPhone工場を建設か」

小久保 重信

最終更新:2/21(火) 6:00

JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。

Yahoo!ニュースからのお知らせ