ここから本文です

【ねこの日ニュース】音楽、映画、カフェ……ねこブームはまだまだ盛り上がる!

2/22(水) 12:00配信

Suits-woman.jp

にゃんにゃんにゃん! 今日は2月22日、「ねこの日」です。

とどまることを知らないねこ人気。いまやペット数でも犬を追い越さんばかりの勢力拡大中、いつの間にか「ねこの日」までできて……と思っていたら、「ねこの日」ができたのは1987年だそう。愛猫家たちがペットフード協会ともに制定したとのことです。2を「にゃん」と読むあたり、時代を感じます。

ねこといっしょに人間も癒される音楽が誕生

ねこ好きにぜひ聴いてほしい、そして、おたくのねこちゃんにぜひ聴かせてほしいのが、本日発売されたCD『ねこのための音楽』です。にゃんと! タイトル通り、ねこのために作曲された音楽なのです。作曲したのはねこ……じゃありません。アメリカの名門ワシントン・ナショナル交響楽団のベテランチェロリストであり、作曲家のデヴィッド・タイさんです。

デヴィッドさんはクラッシック演奏家としての活動だけでなく、動物の研究者と組んで動物の聴覚を研究し、ねこの聴覚も研究しました。そして「ねこが反応する音を観察して、猫の気持ちを理解しました」(デヴィッド・タイ)。

人は母のお腹の中にいるときに、母の鼓動や、外界の音を聞いて聴覚が発達させていきます。(その影響で、人間にとっていちばん落ち着く音楽の速さは母胎で聴いた鼓動のスピードと同じです)ところが、ねこは母胎にいるときはまだ耳が聞こえてなくて、生まれてから聴覚が発達します。鳥のさえずり、母乳を吸う音、母ねこの喉のごろごろ……などなどが、子ねこにとって初めて聴く音であり、母ねこと過ごす心地よい時間の音……となります。デヴィッドさんはねこの好きな音、メロディーを研究し、ねこのための音楽を作曲したのです。

『ねこのための音楽』をかけると、ねこがスピーカーに近寄ってゴロンゴロン。なんとも気持ちよさそうな顔で目を細めます。音楽のベースには、ごろごろ……、ZZZ……と、ねこが喉を鳴らすような音が流れています。これ、人が聴いても心地いいんです。ねこのための音楽は人間が聴いてもリラックスできる音楽。きっとねこちゃんといっしょにごろごろできます。

1/2ページ

最終更新:2/22(水) 12:00
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。