ここから本文です

【ビジネス女子マナーQ&A】仕事へのモチベーションアップにもなるジェルネイル。でもオフィスではマナー違反?

2/22(水) 17:00配信

Suits-woman.jp

今回のビジネスマナーは、商社勤務の佐々塚美保子さん(仮名・29歳)から届いた相談です。

「月に1回、ネイルサロンでジェルネイルにしています。私は、ベージュやピンク、白を基本に上品でシンプルなデザインを心がけていますが、後輩のネイルは長いし、色は派手だし、夜遊び用にしか見えません。でも、他人にとっては、私も彼女も同じように見えるのでしょうか……。上司からキミたちの爪はおしゃれだねぇ、と言われ、イヤミかな? とちょっと心配になってしまいました……」

ネイルがキレイだと、自分自身、モチベーションが上がって、仕事も捗りますよね。今は、セルフでできるジェルネイルキットも続々登場して、ますます身近に。上品に装いたいところですが、オフィスマナーとしてはどうなのでしょうか。鈴木真理子先生に伺ってみましょう。

☆☆☆

ビジネスマナーの基本は相手に「おや?」と感じさせないこと

ネイル問題は各社で起きている事象です。名刺交換、パソコン作業、資料配布、ペンや受話器を持つ手元などなど、ビジネスでは、手元が注目されるシーンがいくつもあります。

手元が注目されるということは、同時に爪も見られているということですね。この連載でも口を酸っぱくして言っていますが、ビジネスマナーの基本は、「相手に“おや?”と思わせないこと」。相手の気持ちを煩わせないことが重要なのです。ですから、上司の方からジェルネイルを「おしゃれだね」と指摘された時点で心配になったという相談者の方は、マナーの心得ができているといえます。

まずは自社の服装規程を確認

あなたの会社では服務規程が決まっていますか? 職業柄、ルールがある人は、それに従いましょう。たとえば、ドクターや薬剤師さんなど、医療従事者が派手なネイルをしていると、清潔感を疑いますよね。トップが指導できていないのかな、とも思ってしまいます。

デスクワークの場合は、あまり厳しく言われないようですが、男性の役員や管理職のなかには、ビジューや柄付きのジェルネイルやフレンチネイルを嫌がる人もいます。エレベーターのボタンを押す手を見て、「どうして爪が白色なの? 不自然だよ」と、直接注意された人もいますよ。

1/2ページ

最終更新:2/23(木) 14:58
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。