ここから本文です

超新星・ユナクが山下リオに片言のプロポーズ!?

2/23(木) 13:30配信

ザテレビジョン

毎週木曜、日本テレビ系にて放送中の「増山超能力師事務所」。2月23日(木)放送の第8話に、同ドラマの主題歌を歌う超新星から、ユナクがゲスト出演する。

【写真を見る】ユン(ユナク)が玲奈(山下リオ)に、“壁ドン”ならぬ“木ドン”を披露!?

誉田哲也氏の同名小説を原作に、所長の増山(田中直樹)ら「増山超能力師事務所」のメンバーが、依頼人の悩みを解決するため奔走する姿を描く同ドラマ。人情モノの話からシリアスな事件まで、毎回バリエーションに富んだストーリー展開が話題を集めている。

今回ユナクが演じるのは、韓国からやってきた留学生ユン・ジフン。ひょんなことから出会った女性・玲奈(山下リオ)と恋仲になるも、彼女を日本に残して韓国に帰ってしまうという役どころだ。

今回の出演を振り返り、ユナクは「主題歌を担当させていただいていて、毎週見ているドラマに出演できてうれしいし、楽しかったです。久しぶりにロマンチックな演技をさせていただきました。現場では皆さんに優しくしていただき、楽しく撮影できました」とコメント。

また、元彼女を演じた山下については、「人形みたいにかわいらしい方で、いろいろ一緒に話しながらロマンチックな雰囲気を仲良く作っていけたと思います」と、印象と共に共演の感想を語った。

先日、同ドラマの主題歌「君じゃなきゃ」が収録されたCDの発売イベントで、「超能力があれば何がしたい?」と聞かれ「過去に行きたい」と話していたユナク。

あらためて、「過去に行って何をしたいか?」と問われると、「以前名古屋の大学に留学をしていたのですが、国費留学生だったので勉強ばかりしていて、毎日図書館と家と大学の往復の生活でした。日本の文化やグルメを楽しむ時間がなかったので、その頃に戻ってもっと日本中を旅したいです」と、夢を膨らませた。

最後にユナクは、「『冬のソナタ』の現代バージョンみたいです(笑)。逆に日本語を片言で演じるのが難しかったけど、ピュアな学生時代、そして大人になりクールなユン・ジフンをお楽しみに!」と、第8話の見どころをアピールした。

【第8話(2月23日放送)あらすじ】

男関係が派手な玲奈(山下リオ)が事務所を訪れ、「友達が窓から投げ捨てた指輪を探してほしい」と依頼する。篤志(浅香航大)が担当となるが、玲奈は指輪の形状や失くした状況などの詳細を明かそうとせず、「友達が捨てた」という話もうそだと判明。

篤志が理由を問い詰めると、玲奈は「その指輪が見つかるか賭けている」と明かす。ふと目に入った小袋をサイコメトリーした篤志は、玲奈がある男性から指輪をプレゼントされる光景を読み取る。

一方、朋江(平田敦子)は夫・誠司(モロ師岡)からもらった結婚指輪を失くし意気消沈。見かねた増山(田中直樹)と悦子(中村ゆり)は、朋江が失くした指輪の捜索に乗り出す。2つの指輪をめぐる謎を事務所メンバーが超能力で解き明かすと、そこには深い思いと意外な真実が隠されていた。

最終更新:2/23(木) 13:30
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)