ここから本文です

【自転車レース】ツール・ド・ランカウイ第1ステージで黒枝士揮7位

2/23(木) 14:09配信

CYCLE SPORTS.jp

区間優勝はサンダーランド

第22回ツール・ド・ランカウイ(アジアツアー2.HC)が、2月22日にマレーシアで開幕した。初日はクアラベランからクアラテレンガヌまでの124.8kmで第1ステージが競われ、オーストラリアのスコット・サンダーランド(アイソホエイスポーツ・スイスウエルネス)が、集団ゴールスプリントを制して優勝した。

2位は南アフリカのライアン・ギホンズ(チームディメンションデータ)、3位はイタリアのニコラス・マリーニ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)だった。

日本の黒枝士揮(愛三工業レーシングチーム)はアジア人最高位の区間7位に入り、アジア人最優秀選手賞のホワイト・ジャージを獲得した。

■第1ステージ結果[2月22日/クアラベラン~クアラテレンガヌ/124.8km]
1 スコット・サンダーランド(アイソホエイスポーツ・スイスウエルネス/オーストラリア)2時間54分45秒
2 ライアン・ギホンズ(チームディメンションデータ/南アフリカ)
3 ニコラス・マリーニ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/イタリア)
4 ヤクブ・マレツコ(ウィリエールトリエスティーナ/イタリア)
5 トラビス・マッケーブ(ユナイテッドヘルスケアプロフェッショナルサイクリングチーム/米国)
6 マルコ・ベンファット(アンドロニジョカットリ/イタリア)
7 黒枝士揮(愛三工業レーシングチーム/日本)
8 イェフゲニー・ギディッヒ(ヴィノ・アスタナモーターズ/カザフスタン)
9 プチョン・サイウドムシン(タイランドコンチネンタルサイクリングチーム/タイ)+4秒
10 エンリーコ・バルビン(バルディアーニ・CSF/イタリア)+4秒
16 中根英登(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/日本)+4秒
25 早川朋宏(愛三工業レーシングチーム/日本)+4秒
41 小森亮平(愛三工業レーシングチーム/日本)+23秒
44 渡辺翔太郎(愛三工業レーシングチーム/日本)+25秒
73 住吉宏太(愛三工業レーシングチーム/日本)+1分17秒
79 原田裕成(愛三工業レーシングチーム/日本)+1分17秒
96 小林海(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/日本)+4分06秒
101 伊藤雅和(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/日本)+4分06秒

■第1ステージまでの総合成績
1 スコット・サンダーランド(アイソホエイスポーツ・スイスウエルネス/オーストラリア)2時間54分35秒
2 ライアン・ギホンズ(チームディメンションデータ/南アフリカ)+4秒
3 ニコラス・マリーニ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/イタリア)+6秒
4 ヤクブ・マレツコ(ウィリエールトリエスティーナ/イタリア)+10秒
5 トラビス・マッケーブ(ユナイテッドヘルスケアプロフェッショナルサイクリングチーム/米国)+10秒
6 マルコ・ベンファット(アンドロニジョカットリ/イタリア)+10秒
7 黒枝士揮(愛三レーシングチーム/日本)+10秒
8 イェフゲニー・ギディッヒ(ヴィノ・アスタナモーターズ/カザフスタン)+10秒
9 プチョン・サイウドムシン(タイランドコンチネンタルサイクリングチーム/タイ)+14秒
10 エンリーコ・バルビン(バルディアーニ・CSF/イタリア)+14秒
16 中根英登(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/日本)+14秒
25 早川朋宏(愛三工業レーシングチーム/日本)+14秒
41 小森亮平(愛三工業レーシングチーム/日本)+33秒
44 渡辺翔太郎(愛三工業レーシングチーム/日本)+35秒
75 住吉宏太(愛三工業レーシングチーム/日本)+1分27秒
81 原田裕成(愛三工業レーシングチーム/日本)+1分27秒
96 小林海(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/日本)+4分16秒
101 伊藤雅和(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/日本)+4分16秒

[各賞]
■スプリント賞:スコット・サンダーランド(アイソホエイスポーツ・スイスウエルネス/オーストラリア)
■山岳賞:ヌルアミルルファクルディン・マズキ(テレンガヌサイクリングチーム/マレーシア)
■アジア人最優秀選手賞:黒枝士揮(愛三工業レーシングチーム/日本)

最終更新:2/23(木) 14:09
CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年10月号

株式会社八重洲出版

10月号
毎月20日発売

特別定価890円