ここから本文です

レストランデートを成功させる「レディーファースト」の流儀

オトナンサー 2/23(木) 7:00配信

 彼女の誕生日や記念日に、高級レストランやシティーホテルのディナーをプレゼントしたい男性も多いことでしょう。そんな時、せっかくであれば、入店から彼女をスマートにエスコートして、格好良く振る舞いたいものです。

こんなにあった! 「加熱式たばこ」一覧

 オトナンサー編集部では、NHK大河ドラマをはじめドラマや映画のマナー指導を務め、28万部の著書「お仕事のマナーとコツ」などがある、マナーコンサルタントの西出ひろ子さんに話を聞きました。

英国式とフランス式がある

 まず、お店に入る際は男性と女性どちらが先に入るのが正しいのでしょうか。西出さんによると「英国式は女性が先、フランス式は男性が先」。つまり、どちらが先に入っても構わないのですが、英国式とフランス式では少し作法が異なるようです。

 英国式はすべてがレディーファーストです。いつも女性を一番に考え、尊重する気持ちを態度で表すために、ドアマンがドアを開けたら女性を先に通し、男性が予約の確認や、席への誘導を受付でお願いするとされています。

 一方、フランス式は男性が先に入るものとされています。これは、女性を蔑ろにしているわけではなく、中に敵がいた場合、女性が先に攻撃を受けてしまう恐れがあるため、男性が先に行くという理由からです。かつては、女性を「おとり」にしようと、女性を先に通すこともしていたため、そうではないことも表しているそうです。

「エスコートはその時の状況や相手に応じて、臨機応変に振る舞うのがよいでしょう。大切なことは、同伴者を大切に思う配慮と『お先にどうぞ』『先に入るね』などの、ひと言コミュニケーションだと思います」(西出さん)。つまり、良好な関係を築くには「配慮のあるコミュニケーション」が必要だといいます。

歩く順番は「店員→女性→男性」

 次に、レストラン内での歩き方です。歩く順序は、誘導する店員に続いて女性、男性の順番です。すでに食事をしている人たちに不快感を与えないよう、ほほ笑みながら歩きます。歩き方は「靴音を立てないように、かかとから着地し、少し大股を意識すると、堂々とした素敵な男性に見えます。足を引きずって歩くと、靴音がしてだらしなく見えるため、注意しましょう」(西出さん)。

 テーブルに案内されたら、お店の人が最初にいすを引いてくれた席が、女性の席です。この時、女性よりも先に座らないようにします。

 ちなみに、いすには左側から座るのがマナーですが、これは西洋文化から来ています。剣を携帯していた時代、剣は左腰に差すのが一般的で、いすの前に立つ時に右から入ると剣が邪魔になったことに由来するそうです。

「マナーの型は周囲への配慮、そして、その場を円滑に、スムーズに進めるための作法です」(西出さん)

オトナンサー編集部

最終更新:2/23(木) 7:24

オトナンサー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

オトナンサー

株式会社メディア・ヴァーグ

日々報じられるニュースの中から気になる話題をピックアップし、掘り下げた記事や、暮らしに役立つ基礎知識などをお届けします。