ここから本文です

ユベントス知将の采配ズバリ! CL16強ポルト戦で途中出場の“伏兵コンビ”が連続弾、敵地で2-0先勝

2/23(木) 7:14配信

Football ZONE web

後半投入のピアツァとアウベスがアッレグリ監督の期待に応える

 イタリア王者ユベントスは22日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)16強のポルトとの敵地初戦で、後半に途中出場のFWマルコ・ピアツァとDFダニ・アウベスがゴールを決め、2-0で勝利。マッシミリアーノ・アッレグリ監督の采配が光った。

欧州5大リーグ「2017移籍金評価額ランキング」 スイス調査機関が算出した”高額な100人”とは

 序盤からユベントスがペースを握ったゲーム展開のなかで、試合が動いたのは前半27分だった。ユベントスDFステファン・リヒトシュタイナーとタッチライン際で競り合ったポルトDFアレックス・テレスが遅れてタックルに行ってファウルを犯すと、この日2枚目のイエローカードが提示されて退場処分となった。昨季インテル所属で日本代表DF長友佑都とサイドバックのポジションを争ったテレスは、不用意なプレーでチームを苦境に陥れた。

 それでも、ユベントスはFWパウロ・ディバラ、FWゴンサロ・イグアイン、FWマリオ・マンジュキッチが厳しいマークを受けるなかで決定機は生み出せなかった。前半アディショナルタイムにはディバラが左足で強烈なミドルシュートを放ったが、シュートはゴールポストに弾かれて、スコアレスで前半を終えた。

 ユベントスがボール支配率70%を握る展開で、後半もゴールが奪えない時間が続く。するとアッレグリ監督は後半22分、FWフアン・クアドラードに代えてFWマルコ・ピアツァを投入した。

“ファイブ・スター”沈黙も盤石の勝利

 すると同27分、右サイドからピアツァがディバラにパスを預けてゴール前に走り込むと、ディバラがサイドに展開したボールがポルトDFに当たりピアツァの元へ。このチャンスにピアツァは右足を振り抜くと、低いシュートがファーサイドに突き刺さりユベントスが先制に成功した。

 得点直後にアッレグリ監督はリヒトシュタイナーに代えてブラジル代表アウベスを投入した。すると直後の同29分、左サイドからDFアレックス・サンドロが上げたクロスをファーサイドに走り込んだアウベスが倒れ込みながら合わせてゴール。交代出場の2選手が連続ゴールを決め、ユベントスが2-0の勝利を収めた。

 ユベントスはイグアイン、ディバラ、マンジュキッチ、クアドラードを司令塔MFミラレム・ピアニッチが操る“ファイブ・スター”が沈黙するも、交代出場の伏兵コンビが試合を決めた。2点のアウェーゴールを手にした貴婦人の異名を持つイタリアの名門が、8強進出へ大きく前進した。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:2/23(木) 7:15
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新