ここから本文です

FIFProが女子ワールドイレブン候補発表。日本からは熊谷紗希が候補入り

2/23(木) 13:00配信

フットボールチャンネル

 FIFPro(国際プロフットボール選手協会)は22日、2016年「女子ワールドイレブン」の投票で得票数上位となった55名の選手を発表した。日本からはリヨンに所属するなでしこジャパンのDF熊谷紗希が唯一名を連ねている。

何度でも見たくなる!! 久保建英くんのスゴさがわかる動画

 FIFProの女子ワールドイレブンは2015年度に初めて選出され、昨年2月に発表された11人の中には日本のMF宮間あやも選ばれていた。2年目となる今回は熊谷が候補に残っている。

 ワールドイレブンの選出にあたっては、世界47ヶ国の3000人以上の女子選手たちが投票を行ったとのこと。最終的な11人は国際女性デーである3月8日に発表される予定となっている。

 フランス1部のリヨンで国内リーグ&カップ優勝および女子欧州チャンピオンズリーグ制覇の三冠に貢献した熊谷は、国際サッカー連盟(FIFA)が昨年から創設した「FIFAザ・ベスト・アウォーズ」の女子年間最優秀選手候補10名の中にもDFとして唯一選ばれ、6位の得票を得た。

 FIFA「ザ・ベスト」受賞者となった米国のFWカーリー・ロイドらも当然今回FIFProが発表した55名の中に含まれている。アメリカからは最多の9名が名を連ね、フランスが8名、リオ五輪金メダル獲得のドイツが6名で続いている。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)