ここから本文です

キャプテン酒井、王者への“リベンジ“に意欲。前回やられたリベリを「チームで止める」

2/23(木) 16:48配信

フットボールチャンネル

 ハンブルガーSV(HSV)のキャプテンを務める日本代表DF酒井高徳は、現地時間25日に行われるブンデスリーガ第22節のバイエルン・ミュンヘン戦でドイツ王者相手に“リベンジ“を果たしたいという意欲を見せている。22日付の独紙『キッカー』が試合に向けてのコメントを伝えた。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 HSVは昨年9月に行われた第5節のホームゲームでバイエルンと対戦。終盤まで0-0に抑える善戦を見せたが、88分にMFフランク・リベリが左サイドへ抜け出し、必死に戻って対応した酒井をかわして決勝ゴールに繋がるクロスをゴール前へ送り込んだ。

 バイエルンに敗れて開幕から1分け4敗となったHSVはブルーノ・ラッバディア前監督を解任し、マルクス・ギスドル現監督を迎えた。11月に酒井を新キャプテンに任命したギズドル監督のチームは復調の気配を見せ、ここ3試合で勝ち点7を獲得し降格圏を脱出している。

 HSV戦で負傷から復帰する可能性もあるとみられるリベリとの再戦に向け、酒井は「僕一人だけで止めることはできない。チーム全体として止めなければならない」とコメント。前回やられた相手を抑えるためにはチームメートの力が必要だという考えを述べた。

「コンパクトに守って、戦術面ですごく賢い戦い方をしなければならない」と話す酒井は、「何か結果を持ち帰るのは簡単ではないけど、不可能でもない」と敵地での番狂わせへの自信ものぞかせている。

 酒井はシュトゥットガルト在籍時も含めてこれまでバイエルンとの試合に7試合出場し、全敗に終わっている。前回の対戦の借りを返し、4連覇中の絶対王者から初の勝ち点をもぎ取りたいところだ。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)