ここから本文です

夢と現実が交差するLAで出会った男女を描く、魅力満載のミュージカル映画!

2/24(金) 20:10配信

MEN’S+

誰もが1度は夢を見て、その可能性を信じて毎日の生活を送るものです。第89回アカデミー賞で最多14ノミネートされた、笑いあり、感動あり、そして切なさありのミュージカル映画に注目です!

 2017年2月26日(現地時間)に開催される、第89回アカデミー賞。先日、各部門のノミネート候補が発表され、最多14ノミネートされたのは、オスカー大本命と言われている、ミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』です。これまでの前哨戦でも多くの受賞を獲得している本作は、笑いあり、感動あり、切なさもある魅力的な作品です。 
 
 本作は、女優を目指すミア(エマ・ストーン)とジャズピアニストを目指すセブ(ライアン・ゴズリング)がとあるジャズバーで出会い、次第にお互いが惹かれあう若い男女のラブストーリー。一見、良くありがちな設定ではありますが、ここにお互いの夢を目指すサクセスストーリーもうまく盛り込まれており、2人が...。実に、見どころ満載の映画なのです。 
 
 また、現在のロサンゼルスを描いていることもあり、夢見る男女が多く住んでいるこの街でのリアルなライフスタイルを体現。ラッシュアワーに大渋滞となる高速道路、ワーナー・ブラザースのスタジオ内、グリフィス天文台など、ロサンゼルスに行ったことのある人はもちろんのこと、これから訪問予定の方でも思う存分に楽しめます。 
 
 そして、本作はミュージカル映画であるため、最初のシーンから楽しさ溢れるミュージカルシーンが展開。最初から本作の世界観にシンクロすることができ、自然と皆さんの表情も笑顔が溢れていることになっているかと思われます。ジャズミュージックはもちろんのこと、どこか懐かしい80年代の名曲たちも披露されているため、飽きることなくミアとセブの世界に引き込まれることでしょう。

女優を目指すミア(右、エマ・ストーン)とジャズピアニストを目指すセブ(左、ライアン・ゴズリング)は、出会った日から少しずつ距離を縮めていきます。自然な出会い方に、自身の経験とシンクロするはずです

 本作の見どころは、今人気急上昇中のエマ・ストーンとライアン・ゴズリングが、それぞれ吹き替えなしで歌・ダンスを行っているところです。予告編でご覧になった方々もいるかもしれませんが、息の合ったリズミカルなダンスシーンは特に圧巻で、静かに見入ってしまうものです。 
 
 また、ライアン・ゴズリングはジャズピアニスト役を演じるために、3ヵ月間のピアノ練習を毎日行っていたようで、作中では流れるメロディーラインを実際に披露しており、共演した歌手のジョン・レジェンドも彼のピアノスキルに脱帽したようです。

1/2ページ

最終更新:2/24(金) 20:10
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!