ここから本文です

ラニエリ監督も“寝耳に水”の解任劇と旧知の記者が証言 「発表20分前まで電話で話していた」

2/24(金) 12:54配信

Football ZONE web

「スカイ・イタリア」のマリアネッラ記者が、解任当日の様子を明かす

 昨シーズンの奇跡のリーグ優勝の立役者となったレスター・シティのクラウディオ・ラニエリ監督が、成績不振により電撃解任された。リーグ戦は第25節終了時点で17位で、2部降格圏の18位ハル・シティと勝ち点1差と苦境に陥っているが、クラブ史上初となったUEFAチャンピオンズリーグ16強第1戦、敵地セビージャ戦では1-2負けと善戦。8強進出に望みを残しているタイミングでの解任となった。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 衛星放送「スカイ・イタリア」では、ラニエリ監督と旧知の仲であるマッシモ・マリアネッラ記者が、イタリア人指揮官にとって寝耳に水の解任だったことを伝えた。

「私はクラウディオと長年友人だった。我々はヨーロッパリーグの試合までの間、電話で話をした。そのわずか20分後、彼が解任されたという発表があった。しかし、クラウディオは何の予期もしていなかった。クラブがそんなことをするとは思いもよらなかった」

 マリアネッラ氏は解任20分前に、ラニエリ監督と会話したことを告白。旧知の指揮官が、解任を覚悟している様子は全くなかったという。

「私は彼が驚いたと確信している」

「私は彼が驚いたと確信している。夢を現実に叶えた監督をクビにしたクラブに私も驚いている。数週間前に最優秀監督に選出されたのに。ロッカールームのチームの絆も良かった。それは間違いない」

 1月にFIFA年間最優秀監督賞に選出されたばかりのラニエリ監督。さらにレスターはラニエリ監督の解任報道が浮上した2月7日、「レスター・シティFCはクラウディオ・ラニエリに対する揺るがないサポートを完全に明確にしたい」との声明を発表したばかりだった。指揮官にとっても、ショッキングな幕切れとなったのは間違いないだろう。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:2/24(金) 12:54
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新