ここから本文です

ELで2戦合計11得点。枠内シュート9本で7得点記録しリヨンがオランダ強豪を撃破

2/24(金) 8:09配信

フットボールチャンネル

 現地時間23日にヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦2ndレグの試合が行われ、フランス1部のリヨンはオランダ1部のAZと対戦。ナビル・フェキルのハットトリックなどで7-1と大勝し、2戦合計11-2でELベスト16進出を果たしている。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 欧州サッカー連盟(UEFA)が公開しているデータによると、ボール保持率ではリヨンが54%でAZが46%と互角。シュート数でもリヨンが15本でAZが11本と、ほとんど変わらない状況だった。

 しかし、リヨンは枠内シュート9本のうち7本をゴールに結び付けている。試合開始して5分にフェキルが最初のゴールを決めると、29分間の間にリヨンは4点を決めていた。AZはオランダリーグ(エール・ディヴィジ)で2回優勝を果たしている強豪クラブだが、リヨンは大量得点でAZを下している。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)