ここから本文です

【J1展望】鳥栖×柏|攻撃陣が鍵か。鳥栖は豊田の相方、柏は助っ人の起用法に注目

2/24(金) 18:00配信

SOCCER DIGEST Web

鳥栖――豊田の相方は、オフから好調な動きを見せる富山か。

J1リーグ1節
サガン鳥栖-柏レイソル
2月25日(土)/14:00/ベストアメニティスタジアム
 
サガン鳥栖
2016年成績:11位 勝点46 12勝10分12敗 36得点・37失点
 
【最新チーム事情】
●11人の新戦力を迎えて各ポジションの競争が激化。昨季の主力も好調を維持している。開幕に向けて、選手それぞれのモチベーションは非常に高い。
●GKは権田の出場が濃厚。キャンプ途中の加入ではあるが、実力、実績ともに申し分ない。一方で、CBにはF・スブットーニとキム・ミンヒョクという助っ人が入る可能性が高く、連係面は懸念だ。
●権田が「日本人最強のFW」と評する豊田と誰がコンビを組むのかは注目。鳴り物入りで加入した小野、元韓国代表のチョ・ドンゴン、走力のある池田と候補は多いが、好調な富山が濃厚か。
 
【担当記者の視点】
 チームを率いて2年目となるフィッカデンティ監督は、「目の前の一戦一戦を戦うための準備を……」と開幕戦を特別視していない。1シーズン制となった今季も、「相手よりも、自分たちがどのように戦うのかが重要」と昨季同様に慎重なスタンスだ。
 
 さらに指揮官は「優秀な選手が入ってきたので、相手によってメンバーを代えることができる」と語る。昨季はメンバーをほぼ固定したが、今季は攻守のオプションが増えたことに手応えを感じているようだ。開幕戦ではその戦術の幅にも注目したい。

柏――強力アタッカー4人を並べる攻撃的布陣を採用か。

J1リーグ1節
サガン鳥栖-柏レイソル
2月25日(土)/14:00/ベストアメニティスタジアム
 
柏レイソル
2016年成績:8位 勝点54 15勝9分10敗 52得点・44失点

【最新チーム事情】
●キャンプやプレシーズンで一貫して試してきた4−4−2を用いて、D・オリヴェイラ、R・ロペス、クリスティアーノ、伊東を共存させる。
●プレシーズンマッチ・千葉戦の快勝(2-0)に続き、先週行なわれた練習試合(詳細は非公開)では、監督、選手ともに「良いものを出せた」と述べる。仕上がりは順調のようだ。
●今井が練習で足を痛め開幕戦の出場が微妙に。右SBには新加入の小池が入る見込み。

【担当記者の視点】
 ちばぎんカップ・千葉戦ではノーゴールとやや物足りないに結果だったR・ロペスだが、それから2週間が経ち、先週末の練習試合を通して「コンディションも連係面も確実に良くなっている」と手応えを掴んでいる。
 
 チームが昨季2分1敗と鳥栖に苦手意識を持つのに対し、昨季第2ステージ14節のアウェーでハットトリックを決めたこの新助っ人は、「自分としては良い印象を持っている」と相性の良さを口にする。開幕戦から得点に期待がかかる。
 
 また、キャンプでは昨年の課題だったディフェンス面の立て直しに多くの時間を割いた。守備力の向上と強力攻撃陣の共存を模索した今オフ、開幕戦では早速その成果が問われる。

最終更新:2/24(金) 18:03
SOCCER DIGEST Web