ここから本文です

日テレ“土10”第1弾は亀梨和也×木村文乃×山下智久の運命的ラブコメ!

2/25(土) 18:30配信

ザテレビジョン

日本テレビ系で29年間愛され続けてきた夜9時のドラマ枠が、この4月から夜10時に枠移動。その記念すべき第1弾は、亀梨和也主演のラブコメディー「ボク、運命の人です。」に決定した。さらにヒロイン役には木村文乃、2人の恋の鍵を握る人物役に山下智久が決まった。

【写真を見る】日テレ土曜10時は亀梨和也×木村文乃×山下智久のラブコメディー

本作は、「世界一難しい恋」「きょうは会社休みます。」などを手掛けた脚本家の金子茂樹が描くオリジナルストーリー。ある日突然、自分を神様だと名乗る謎の男(山下)に“運命の恋”を告げられた会社員・正木誠(亀梨)が、その言葉を信じて“運命の相手”といわれた湖月晴子(木村)に猛アタックを繰り返す。振られても振られても頑張る誠と、“運命なんて信じない”左脳派女子の晴子の姿をコミカルに描いていく。

【亀梨和也コメント】

今回、“運命”という言葉をテーマに、いろいろな出来事に翻弄(ほんろう)されながらもひたむきに真っすぐ突き進んでいく男・正木誠を演じさせていただくことになりました。平凡な毎日を送る主人公として、突然現れた謎の男に振り回されながら、ひたむきに突き進んで行きたいです!

木村さんとは今回初めて共演させていただくのですが、お芝居はもちろんですが、人として持っている魅力が素晴らしい女優さんなので、チームとして作品に向き合えることをとても楽しみにしています。30代となった今、それぞれの経験してきたことを役を通して作品に注ぎ込んでいければと思います。

運命だと感じ、信じた思いを誠の成長とともに土曜日の夜10時、皆さんにクスッと笑っていただき、また、応援していただけるよう、純粋に真っすぐに演じていけたらと思っています。

【木村文乃コメント】

“運命のお話”に運命を感じて、初めて台本を読むより先にやりますとふたつ返事でお答えしました。大人になってしまったが故に素直になりきれない歯がゆさを、ムズムズしながらも応援してもらえるような、ほわっとかわいい人、晴子を演じることができたらいいなと思っています。

年の近い亀梨さんと、以前ご一緒させていただいた山下さん、そして信頼できるプロデューサーの方々の下、にぎやかで熱い、明日が来ることがちょっと楽しくなるような、そんなドラマにできたらと思っています。

【山下智久コメント】

役は神様…?です(笑)。つかみどころのない、ふわっとしていて、それでいて言うことに信ぴょう性がある役です。そして愛にあふれていると思います。偶然と必然の真ん中を漂う不思議な存在になれるよう頑張りたいです。

今から楽しい現場になることがわかる不思議な感覚です。土曜の夜に笑顔になれて、最高の日曜日を迎えられる。ユニークで心温まり、全世代の頑張ってる人の背中を押してくれるようなラブコメであり、ヒューマンドラマになると思います。見てください^ ^

■さらに、主題歌は亀梨と山下のSPユニット・亀と山Pが担当。前回の共演作「野ブタ。をプロデュース」('05年)の主題歌を担当した2人が、12年の時を経て再タッグを組む。

【亀梨和也コメント】

山下君とは12年ぶりの共演。ドラマの中での掛け合いもたくさんありそうなので、さまざまな雰囲気や関係性を楽しんでいただけたらと思ってます。2人にしか出せない面白みをたくさん作り上げたいです! 音楽に関しては「また何かできたらいいね」と話していて、すてきな形で迎えられましたので、また皆さんに楽しんでいただけるよう、絶賛作戦会議中です!

僕自身、グループが充電期間の中で、だからこそできるであろうこの貴重な経験をしっかりと共有できたらと思っています。楽しみに待っててください。それではsi-you!(笑)

【山下智久コメント】

カメとは、中学生からの仲です。僕ら2人にしか出せない温かさと危うさと安心感を届けられるスペシャルユニットにしていきたいです。大人になって少し成長した2人で、ドラマの後押しができるような、楽しい歌を皆さんに届けられればと思います。そして、すてきな機会を楽しんで歌いたいと思います。

最終更新:2/25(土) 18:30
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)