ここから本文です

モウリーニョが報道されるレスター選手の背信行為に怒り 「典型的な自己中心主義によって…」

2/25(土) 14:12配信

Football ZONE web

ラニエリ解任に心を痛め、モウリーニョ節が炸裂

 レスター・シティのクラウディオ・ラニエリ監督の急転直下の解任劇はサッカー界に波紋を広げているが、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が怒りを表明。自己中心的と伝えられるレスターの選手たちを批判した。地元紙「デイリー・ミラー」が報じている。

「2017移籍金評価額トップ100」を発表! 欧州5大リーグで100億円を超えるのは…

 電撃解任されたイタリア人指揮官のイニシャル「CR」がプリントされたシャツを着て、リーグカップ決勝の記者会見に出席したモウリーニョ監督は、「彼の名前を記した私のシャツは、プレミアリーグの歴史で最も美しい物語を記した人間へのちょっとしたオマージュだ」と切り出した。

 だが、プレミアリーグ降格危機に瀕するチームの決断には怒り心頭の様子だった。

「クラウディオ・ラニエリという、レスターのスタジアムに命名するに相応しい人間がクビになった。レスターは2年連続で“歴史を作った”。1年目はプレミアリーグの歴史上、最も美しい偉業を成し遂げたから。今、彼らはフットボールの世界を結束させるような決断でハイライトとなった。こんなことは受け入れられないが、人々が現在のフットボール界がどうなっているのか理解するために良いことだ。我々は適応しなければいけない」と、英雄の解雇に怒りを露わにした。

 モウリーニョ監督も昨季プレミアリーグ優勝から7カ月後に、チェルシーから解雇された過去がある。

「正当化する言葉を見つけることは困難だ」

「私は同様の経験がある。昨季私はチャンピオンとしてクビになった。それはすごいネガティブなことだった。でも、クラウディオに起きたことに比べたら、小さなものだったと気付いた」

 そこから、レスターの選手に対するモウリーニョ節が炸裂した。

「周囲の典型的な自己中心主義からシーズンは開幕した。新しい契約について考えている人間、移籍やもっとお金をと考えている人間、そのレベルに到達させた手助けをした人を忘れたヤツだ。もしも、私が読んでいる記事が事実なら、事実の一片があるとするなら、正当化する言葉を見つけることは困難だ」

 レスターではリヤド・マフレズ、ジェイミー・ヴァーディら昨季の主力が開幕前に移籍を検討し、年俸の釣り上げに成功した。そして今、一部の英メディアではレスター幹部にラニエリ監督解任を求めた“裏切り者”がいたと報じられている。

 セリエAインテル監督時代の2008年に、ユベントスを率いたラニエリ監督と論争を繰り広げたモウリーニョ監督は、今や完全なラニエリ派に鞍替え。背信行為を行ったとされるレスターの選手をバッシングしていた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:2/25(土) 14:12
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新