ここから本文です

王者・鹿島はFC東京に敗れ黒星発進。川崎Fは小林&中村弾で大宮下す

2/25(土) 18:00配信

フットボールチャンネル

 25日、J1第1節が日本各地で開催された。

 昨シーズンのJ1・天皇杯2冠王者の鹿島アントラーズは、ホームでFC東京と対戦。0-0で迎えた82分、相手シュートをGKクォン・スンテが弾いたこぼれ球を味方選手がゴールに押し込んでしまい、オウンゴールでFC東京が先制。この1点が決勝点となり、王者は黒星発進を強いられた。

何度でも見たくなる!! 久保建英くんのスゴさがわかる動画

 全9試合の中で最初に開催された横浜F・マリノス対浦和レッズ戦では、横浜FMの新外国人選手バブンスキーが今季J1の最初のゴールとなる先制点を記録。浦和も新戦力ラファエル・シルバの2ゴールで逆転したが、横浜FMはこちらも新外国人のウーゴ・ヴィエイラが決めて2-2の同点に。最後は後半アディショナルタイムに前田が決勝ゴールを奪い、横浜FMが3-2で昨季の最多勝ち点チームを下した。

 昨季年間3位の川崎フロンターレはアウェイで大宮アルディージャと対戦。後半にFW小林悠のゴールで先制すると、アディショナルタイムには昨季リーグMVPの中村憲剛が勝利を決定付ける2点目を加え、2-0で白星発進を切った。

 セレッソ大阪対ジュビロ磐田戦は、それぞれ清武弘嗣と中村俊輔を補強して注目を集めたチーム同士の激突となったが、清武はコンディションが万全ではないため欠場。両チームともにゴールは奪えず0-0で引き分けている。

 柏レイソルはサガン鳥栖に先制を許したが、逆転して3-1で勝利。開幕日を終えた時点で首位に立っている。ベガルタ仙台は北海道コンサドーレ札幌を、ヴィッセル神戸は清水エスパルスをそれぞれ1-0で下した。サンフレッチェ広島対アルビレックス新潟は1-1で勝ち点1を分け合った。

 開幕節の残り1試合、ガンバ大阪対ヴァンフォーレ甲府戦は26日に開催される。25日に行われたJ1第1節の8試合の結果は以下の通り。

横浜FM 3-2 浦和
仙台 1-0 札幌
鹿島 0-1 FC東京
清水 0-1 神戸
広島 1-1 新潟
鳥栖 1-3 柏
C大阪 0-0 磐田
大宮 0-2 川崎F

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)