ここから本文です

【横浜】「俊さんが背中で見せてきたように」。自然体の齋藤学が去年よりも逞しく見える理由

2/25(土) 21:36配信

SOCCER DIGEST Web

「ガミガミ言うのも、あれだし。要所要所で言えばいい」

[J1リーグ開幕戦] 横浜F・マリノス 3-2 浦和レッズ/2月25日(土)/日産スタジアム
 
 浦和相手に3つのゴールが生まれたが、自身のゴールはなかった。それでも、背番号10を背負い、腕章を巻いた齋藤学の存在感は絶大だった。

【横浜3-2 浦和 PHOTO】終盤の逆転劇で横浜が浦和を撃破!

 
 カウンターから学の突破。
 
 これは横浜の重要な“戦術”と言える。事実、この形から多くのチャンスを作りだし、浦和の守備陣を何度も手こずらせた。
 
 なによりも、3得点のうち、そのふたつが齋藤のアシストから生まれている。ダビド・バブンスキーの先制点と前田直輝の決勝点は、いずれも左サイドからの齋藤の突破から生まれている。
 
 様々な想いを胸に、この日の開幕を迎えたに違いない。中村俊輔(現・磐田)というクラブの象徴だった選手がいなくなった以上、本人が望もうが望むまいが、日本代表にも名を連ねる齋藤にかかる期待が大きくなるのは間違いない。
 
 ピッチ入場の際には、先頭に立って歩く。昨季までは見慣れない光景――本人はどんな感情だっただろうか。
 
「正直な話、そんなに変わりはない。プレッシャーとかはあるけど、それよりは自分のプレーをまずやらないといけないから」
 
 キャプテンだからとか、そこまでの気負いはないと言う。負担を重く感じていないのは、周囲のサポートがあるからかもしれない。
 
「ボンバー(中澤佑二)とかも、『そんなにやらなくていいよ』とか『こうすればいいんだよ』と言ってくれるから、そこまで意識せずにいられる。それは助かっている」
 
 自分なりのキャプテン像はある。「ガミガミ言うのも、あれだし。要所要所で言えばいい」とイメージしている。
 
 あくまでも自然体でピッチに立ち、チームを牽引する。
 
「キャプテンマークを巻いたからって、10番を背負っているからといって、サッカーが上手くなるわけじゃない。逆に、そのプレッシャーで潰れてしまう選手もいる。そうなるかもしれないけど、それでもキャプテンとして、10番を付けるのが、自分にとっての成長になると思っている」
 
 もちろん、実際のプレーで“違い”を見せられるに越したことはない。その意味では、浦和戦のパフォーマンスには一定の手応えを感じている。

1/2ページ

最終更新:2/25(土) 21:44
SOCCER DIGEST Web