ここから本文です

「新書大賞2017」に輝いたのは タブーを全て暴露した『言ってはいけない』【新書ベストセラー】

Book Bang 2/25(土) 7:00配信

 2月21日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、新書 ノンフィクション第1位は佐藤愛子さんの新刊『それでもこの世は悪くなかった』が獲得した。
 第2位は気鋭の研究者が戦国乱世の扉を開いた大事件を読み解いた『応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱』。第3位は 脳科学者・中野信子さんが最新脳科学で解説する『サイコパス』となった。

 4位以下で注目は4位にランクインした『言ってはいけない 残酷すぎる真実』。遺伝や美醜に依る問題など、普段は口に出せないタブーに切り込み、科学的なデータに基づいて解説している。同書は2月9日、2015年12月~2016年11月に刊行された1300点以上の新書から「最高の一冊」を選ぶ「新書大賞2017」で1位に輝いた。発行部数も累計40万部を突破し、2016年4月の発売以降新書ランキングで常に上位に位置しているロングセラーとなっている。古舘伊知郎さんや気象予報士の森田正光さんら著名人がテレビ・ラジオで同書に触れたことでも話題となった。

■新書 ノンフィクションランキング

1位『それでもこの世は悪くなかった』佐藤愛子[著](文藝春秋)

人から見たら悲劇かもしれない人生。しかし、正々堂々、力いっぱい生きた私はいま、満足だ――こんな佐藤愛子は、どうしてできた? ワガママ盛りの6歳で聞いた乳母の言葉は、思えば初めての人生の教訓だった。以来、父・佐藤紅緑、母、先輩や友の影響を受けて出来上がったのは、「他人から理解されないばかりでなく、自分でも何かわけのわからない、ヘンな佐藤愛子」。そして二度の結婚に失敗、夫の借金に巻き込まれ、それでも人は幸福に生きられる! 93歳、初の語り下ろし人生論。(文藝春秋ウェブサイトより)

2位『応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱』呉座勇一[著](中央公論新社)

室町後期、諸大名が東西両軍に分かれ、京都市街を主戦場として戦った応仁の乱(一四六七~七七)。細川勝元、山名宗全という時の実力者の対立に、将軍後継問題や管領家畠山・斯波両氏の家督争いが絡んで起きたとされる。戦国乱世の序曲とも評されるが、高い知名度とは対照的に、実態は十分知られていない。いかなる原因で勃発し、どう終結に至ったか。なぜあれほど長期化したのか――。日本史上屈指の大乱を読み解く意欲作。(中央公論新社ウェブサイトより)

1/2ページ

最終更新:2/25(土) 7:00

Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)