ここから本文です

“イケオグペア”が中3天才キッズペアとガチンコ勝負!

2/26(日) 12:00配信

ザテレビジョン

2月26日(日)夜6時57分より放送の「ビートたけしのスポーツ大将2017 ナインティナインも参戦SP」(テレビ朝日系)。バドミントン対決ではフレッシュな天才キッズペア、全日本中学校バドミントン大会女子ダブルス優勝の大澤佳歩さん、鈴木陽向さんが登場する。

【写真を見る】ビートたけし、ナインティナインが天才キッズペアに大人げないプレーを!?

伸び盛りの“中3ペア”と対戦するのは、全日本選手権女子ダブルス5連覇、北京五輪では5位入賞を果たした小椋久美子と、混合ダブルスでロンドン五輪に出場した池田信太郎が一夜限りの“イケオグペア”を特別結成し、迎え撃つ。

小椋は「(天才キッズは)向かってくる気迫が怖い。失うものがないので強いですね。今回の2人は男子とも練習をしているので男子の球慣れしていると思います」と警戒。

おととしの天才キッズ対戦の経験からも、今回は男子パワーの力も借りて池田との混合ペアを組むことに。初参戦の池田は「引退してからは外を走ったり、ジムに行ったりするぐらい…。バドミントンがうまい人とちゃんと試合をするのは引退してからは初めてですね」とちょっぴり不安ものぞかせる。

勢いに乗っている中3ペアと、今回限りの五輪出場スペシャルペア対決の行方は?

そんな注目の対決を前に、ビートたけし、ナインティナイン・岡村隆史、矢部浩之のトリオが中3ペアに挑戦状をたたきつけた。

バドミントンは素人の3人とはいえ、3対2ならいい戦いができるのでは?ということで、ラケット片手にさっそうとコートへ。5点先取のエキシビジョンマッチは、矢部のサーブでスタートするが、いきなり強烈なスマッシュを浴びたたけしとナイナイ。返すどころか微動だにできず目を丸くするだけ。

「ハチの襲撃みたい」「オレなんか2回目の交通事故かと思ったよ」とスマッシュのスピードに圧倒される。

これでは勝負にならん、とたけしトリオは早速大人げなさを発揮。コートの広さを変えてくれ、とハンディを要求し、自陣のコートを思い切り狭く区切るラインを引く。これなら強烈なスマッシュも打ちづらいはず、とほくそ笑むたけしと岡村、矢部。

大人げないハンディをフル活用し、天才キッズペアを追い込むことはできるのか?

そして、いよいよ“イケオグペア”と中3天才キッズペアとの11点先取、ラリーポイント制の真剣勝負がスタート。

パワーで上回るプロ選手が圧倒するかと思いきや、天才キッズは頭脳的プレーで対抗。試合は思わぬ大接戦となる。たけしもナイナイも思わず息をのんで見入ってしまった白熱のバドミントン対決で勝利を収めるのは?

最終更新:2/26(日) 12:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)