ここから本文です

黒猫チェルシー“全員踊れてない(!?)”ショートムービーにも注目!

2/26(日) 19:44配信

ザテレビジョン

アルバム「LIFE IS A MIRACLE」が発売中の黒猫チェルシー。フルアルバムとしては実に4年半ぶりとなる今作は、メンバーも「力作」と自負する仕上がりだ。

【写真を見る】全員が作曲を担当。その多彩な音楽性が今回のアルバムに存分に表れている

渡辺大知:僕ら、CDを出せなかった時期も長くあったんですよね。今回のアルバムは、その間に溜め込んだものを全部ぶつけるつもりで挑んだ、いわば集大成って感じです。

澤竜次:1つのアルバムで、いかに自分らの好きなものや強みを詰め込むことができるかっていうのが、制作のテーマでもありましたね。

――これまで同様、今作でもメンバー全員が作詞作曲を担当しています。今回はどのように作業を進めていったのですか?

渡辺:前はメンバー同士、音楽が好きなゆえにぶつかることもあって。それが今、各々が自分の役割を担って、あとはメンバーに自信を持って任せる感じになりました。

澤:それこそ、昔はライブでもステージから矢印が4方向に出てるみたいな。極端な話、他のメンバーがやってることに興味がなかったんです(笑)。それはそれで、音楽自体もストレートで痛快だったと思うんですけど、今はもうバンドがホームというか。それぞれ他のバンド組んだり、誰かのサポートしたり、渡辺は俳優をやったり。そうやって浮気して(笑)、でも帰ってくるのはここっていう。今はそれがすごくうまくいってる気がしますね。

岡本啓佑:信頼関係をより築き上げた…築き上げた? なんかちょっと違うかもしれない(笑)。

宮田岳:そんなこと言うなよ(笑)。

渡辺:メンバーが作った曲に僕が歌詞をつけるとき、何をイメージしたとかはまったく聞かないんですよ。

岡本:「海沿いの街」という曲は、僕が5年住んだ街から引っ越すことを決めたときに浮かんだんですけど、そしたら街の歌詞がついて。

渡辺:啓ちゃんの曲を聴いたとき、海っぽさと生活感を感じたんです。だから、海沿いの街が舞台になる歌詞にしようって思いました。

澤:「LIFE IS A MIRACLE」は、サウンドで分かってくれるだろうなって。そしたら“人生は奇跡だ”ってタイトルで、そこをシリアスに書かずにゲームっぽい世界で書いてきたので、そういうのがすごくいいなと思いましたね。

渡辺:タイトルと歌詞のモチーフは曲を聴いた瞬間に浮かびました。何か、人生を楽しんでる雰囲気を出せたらいいなと思ったんです。で、この曲の持つ旅感みたいなものが、今の自分たちや作品全体の雰囲気に合う気がして、アルバムのタイトルもこれにしました。

宮田:「飲みに行こう」は僕のイメージとは違いましたね(笑)。もっとふわふわした、現実的じゃないものを思い描いてたんですけど…。

渡辺:曲を聴いたときに、お酒の歌にしようと思ったんですよね。で、お酒といえば澤だなと思って(笑)。

澤:すぐ分かりました(笑)。

渡辺:書いてるうちに自分っぽくもなったんですけど。僕が飲みに誘う感じも出ちゃったなぁって(笑)。でも、ライブで「これは澤の歌です」と言って始めるのもアリだなと思ってます(笑)。

――初回盤の特典DVDには、「飲みに行こう」をはじめ、4曲分をまとめたショートムービーが収録されています。どのような仕上がりになっているか教えてください。

渡辺:これ、ぜひ見てほしい。

澤:みんなで踊ってますから。って、僕は踊れてませんけど…。

渡辺:澤はひどかったですよ(笑)。

澤:振り付けのパパイヤ鈴木さんから、上手いか下手かで言ったら下手なんだけど、熱さは伝わってきた。“強い!”って言われました(笑)・

岡本:澤は動きがデカいから目立つんだよね。でも、ひどさで言ったら実は僕がナンバー1かも。しれっとヤバい(笑)。

宮田:あと、今回は踊りだけじゃなくて演技も結構してて。渡辺はその世界でようやってんなって思いましたね(笑)。僕は音楽だけがいい…。ただ、踊る楽しさは今回初めてわかりました。ピタッとハマると気持ちいいんだなって(笑)。

渡辺:みんな踊れてないけどね(笑)。

最終更新:3/8(水) 23:08
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)