ここから本文です

国籍は関係ない アジア大会銅、北朝鮮ペアに垣間見たフィギュアの“本質”

2/26(日) 9:02配信

THE ANSWER

日本のファン魅了、投げ入れられた花と大歓声「アットホームな雰囲気だった」

 迫真の演技で踊り切ると、リンクが大歓声に包まれた。25日に行われたアジア大会、フィギュアスケート・ペアのフリー。北朝鮮のリョム・テオク、キム・ジュシク組が合計177.40点で総合3位。見事、銅メダルに輝いた。

【画像】羽生結弦&宇野昌磨の”名シーン”ギャラリー

「緊張していい滑りではなかったけど、スコアは思ったよりも高かった。3位に入ることができて、大変満足している」

 北朝鮮勢、今大会初のメダルを獲得したキムは表情を緩めた。3連続ジャンプをそろって決めるなど、質の高い演技を披露。スコアの177.40点は自己ベストというから、価値がある。

 印象的だったのは、そのスケーティングで日本のファンも魅了したことだ。リンクに登場すると、日本人が大半を占める客席から期待の拍手を受け、滑り終えると、客席から大歓声を浴びた。2人の演技への評価を示すように、次々と花が投げ込まれていった。

「アットホームな雰囲気だった」と演技後、キムは言った。在日朝鮮人の応援団も駆けつけていたが、キムが感じた「雰囲気」は会場全体によって作り出されたものだっただろう。そこに、フィギュアの“本質”が垣間見えた。

美しさを競うスポーツらしさを象徴するシーン

 フィギュアスケートは美しさを競うスポーツといわれる。

 美しい演技をした者に拍手を送り、ファンは讃える。決して多くはない採点競技。競技に情熱をかけ、懸命に取り組んでいる選手に、国籍は関係ない。ファンにとっても情報が少なく、今大会初めて見た観客もいただろう。そんな北朝鮮ペアの演技後に起こった出来事は、フィギュアらしさを象徴するシーンでもあった。

 演技後、ミックスゾーンには注目度の高さを示すように、他国選手としては多い、約15人の記者が日本メディアを中心に集まった。事前に「質問は大会に関するもののみ」とアナウンスされていたが、現れた2人は時おり笑みを交えながら“日常”を明かした。

 普段は北朝鮮の女性コーチの下、トレーニングに励んでいること。その練習は1日に氷上で3時間、陸上で4時間、みっちりとこなしているということ。日本の印象について問われると、キムは「非常に暖かいです」と率直な感想を語った。

 表彰式を終えて登壇した公式会見の最後には1、2位の中国ペアとそろって記念撮影にも応じた。今後は3月の世界選手権を目指すといい、リョムは「貴重な経験を積むことができた。さらに高いスコアを世界選手権で目指したい」と意気込み、キムは「今回の教訓、経験を生かしたい。世界のトップのレベルになりたい」と決意を明かした。

 その成果を日本の地で示し、日本のファンに受け入れられた北朝鮮ペア。果たして、アジア大会で確かな印象を残した2人は今後、世界の舞台でどんな舞いを見せてくれるだろうか。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:2/26(日) 9:02
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。