ここから本文です

【自転車レース】アブダビ・ツアーはコスタがクイーンステージを制して総合首位!

2/26(日) 7:44配信

CYCLE SPORTS.jp

チームスポンサーに自国開催レースのリーダージャージをもたらす

アラブ首長国連邦で開催中の第3回アブダビ・ツアー(UCIワールドツアー)は、2月25日に今年のクイーンステージだった第3ステージを競い、ポルトガルのルイ・コスタ(UAE・チームエミレーツ)が区間優勝して総合首位に立ち、チームスポンサーに自国開催のレースのリーダージャージをもたらした。

コスタは標高1025メートルのジェベル・ハフィート山頂ゴールへと向かう登坂でアタックし、残り5kmで追いついたロシアのイルヌール・ザカリン(カチューシャ・アルペシン)と2人でゴールを目指した。

最後はザカリンが加速してコスタを振り落とそうとしたが、失敗に終わり、ゴール目前でスパートしたコスタがチームジャージの胸のスポンサーロゴを何度も指差してゴールに飛び込んだ。

■クイーンステージを制して総合首位になったコスタのコメント「我々にとってここで勝つか、もしくは少なくとも良い成績を出すことは非常に重要だった。こんなにたくさん良い選手がいるので、それは簡単なことではなかった。風が強く、レースをバラバラにする異なった2チームによる2度の攻撃もあり、このステージはとても難しかった」

アブダビ・ツアーは2月26日にヤス・マリーナ・サーキットで最終ステージを競って閉幕する。

■第3ステージ結果[2月25日/アルマリア・アイランド・ステージ/186km]
1 ルイ・コスタ(UAE・チームエミレーツ/ポルトガル)4時間34分08秒
2 イルヌール・ザカリン(カチューシャ・アルペシン/ロシア)
3 トム・ドゥムラン(チームサンウェブ/オランダ)+10秒
4 バウケ・モレマ(トレック・セガフレード/オランダ)+28秒
5 ジュリアン・アラフィリップ(クイックステップフロアーズ/フランス)+46秒
6 ファビオ・アルー(アスタナ/イタリア)+46秒
7 ラファウ・マイカ(ボーラ・ハンスグローエ/ポーランド)+46秒
8 ジョージ・ベネット(チームロトNL・ユンボ/ニュージーランド)+46秒
9 ドメニコ・ポッゾビーボ(AG2R・ラモンディアル/イタリア)+46秒
10 ナイロ・キンタナ(モビスターチーム/コロンビア)+58秒
11 ディエゴ・ウリッシ(UAE・チームエミレーツ/イタリア)+58秒
12 ロマン・バルデ(AG2R・ラモンディアル/フランス)+58秒
13 アルベルト・コンタドール(トレック・セガフレード/スペイン)+1分01秒
15 ビンチェンツォ・ニーバリ(バーレーン・メリダ/イタリア)+1分05秒
80 小石祐馬(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/日本)+6分11秒
100 別府史之(トレック・セガフレード/日本)+11分42秒
147 窪木一茂(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/日本)+19分17秒

■第3ステージまでの総合成績
1 ルイ・コスタ(UAE・チームエミレーツ/ポルトガル)12時間39分15秒
2 イルヌール・ザカリン(カチューシャ・アルペシン/ロシア)+4秒
3 トム・ドゥムラン(チームサンウェブ/オランダ)+16秒
4 バウケ・モレマ(トレック・セガフレード/オランダ)+38秒
5 ラファウ・マイカ(ボーラ・ハンスグローエ/ポーランド)+56秒
6 ジョージ・ベネット(チームロトNL・ユンボ/ニュージーランド)+56秒
7 ファビオ・アルー(アスタナ/イタリア)+56秒
8 ドメニコ・ポッゾビーボ(AG2R・ラモンディアル/イタリア)+56秒
9 ジュリアン・アラフィリップ(クイックステップフロアーズ/フランス)+56秒
10 ロマン・バルデ(AG2R・ラモンディアル/フランス)+1分08秒
11 ディエゴ・ウリッシ(UAE・チームエミレーツ/イタリア)+1分08秒
12 ナイロ・キンタナ(モビスターチーム/コロンビア)+1分08秒
13 アルベルト・コンタドール(トレック・セガフレード/スペイン)+1分11秒
14 ビンチェンツォ・ニーバリ(バーレーン・メリダ/イタリア)+1分15秒
89 小石祐馬(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/日本)+8分13秒
113 別府史之(トレック・セガフレード/日本)+11分52秒
145 窪木一茂(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/日本)+19分25秒

最終更新:2/26(日) 7:44
CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年10月号

株式会社八重洲出版

10月号
毎月20日発売

特別定価890円