ここから本文です

次回、2018年のアカデミーに期待したいエマ・ワトソン

2/26(日) 20:40配信

MEN’S+

『Beauty And The Beast』でベル役を演じたエマ

 スポーツ同様、この世界でも「もしも…」を考えても仕方なのですが、やはり考えてしまいます。2017年1月に行われた第74回ゴールデングローブ賞で史上最多の7部門を受賞し、2月の第89回アカデミー賞でもいくつオスカーを獲るのか!?と期待されている『LA LA LAND(ラ・ラ・ランド)』(2017年2月24日日本公開)の話になります。 
 
 現状、主演はライアン・ゴズリングとエマ・ストーンで、ここまでの評判になっておりますが、実は本作の主演女優は同じエマでもエマ・ワトソンが演じることになっていた時期もあったと、監督であるデイミアン・チャゼル氏がウエブサイト「UPROXX」に打ち明けていました。最初、主演2人に想定していたのはライアンとエマ・ストーンではなかったのだということ…。
 
 「6年間かけてこの映画の製作にいたったわけですが、その間、主演の組み合わせは何度も変わりました。エマ・ワトソンとマイルズ・テラーに決まりかけたこともありますよ。でも、うまく契約成立しなかったんです」とのこと。 
 
 第89回のアカデミー賞主演女優賞では、『LA LA LAMD(ラ・ラ・ランランド)』のエマ・ストーンがノミネートされていますが、もしこの主役がエマ・ワトソンだったら…と、考えてしまうのです。 
 
 これも、「そろそろエマ・ワトソンにもオスカーを!」という贔屓目の担当が記事を作成しているからでしょうか…。
 
 …とはいえ、エマ・ワトソンという女優の演技の質を素人ながらイメージするに、ちょっと安心するところでもあるのです。無理(?)して『LA LA LAND(ラ・ラ・ランド)』に出演し、ヒロインのミアを演じるよりも、『Beauty And The Beast(美女と野獣)』のベル役のほうが、遥かにエマ・ワトソンらしいのではないかと…。
  
 そう思う方は、結構いるのではないでしょうか。これでいいのだ…と。
 
 『Beauty And The Beast(美女と野獣)』の全米公開は、2017年3月17日(金)に予定されています。日本公開は、2017年4月21日(金)。きっと2018年は、エマ・ワトソンはノミネートされることでしょう。そう期待して、ご覧ください!!

メンズ・プラス編集部

最終更新:2/26(日) 21:06
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!