ここから本文です

韓国Kリーグ勢、ACL“1分3敗”スタートに募る危機感 「偶然であることを願うばかり」

2/26(日) 22:41配信

Football ZONE web

日本&中国勢との対戦になった第1節 川崎とドローの水原三星以外は黒星発進

 韓国勢としては、思いもよらない結果だったに違いない。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第1節での韓国勢4チームの成績は、1分3敗という散々な結果となった。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 昨季Kリーグ・クラシック王者のFCソウル(グループF)は上海上港に、済州ユナイテッドFC(グループH)は江蘇蘇寧と中国勢にそれぞれ0-1で敗れた。また、日本に乗り込んだ蔚山現代FC(グループE)は鹿島アントラーズに0-2で完敗。唯一敗戦を免れたのは水原三星ブルーウィングス(グループG)で、川崎フロンターレに1点をリードされながら、後半に同点ゴールを決めて1-1の引き分けに持ち込んだ。

 初戦で1勝もできなかった4チームを待ち受けていたのが、今季のKリーグ・クラシック開幕前の“メディアデー”だ。

 23日にソウルで行われた同イベントにKリーグ12チームの監督たちが勢揃いしたが、そこで話題になったのがACL初戦の結果。そこでは監督たちが今季のチームの抱負を語る一方、ACL出場チームの指揮官たちは危機感を感じ取っていたようだった。

 スポーツ紙「スポーツ朝鮮」は、「“1分3敗”ACLを見つめるKリーグ監督たちの憂慮と希望」という見出しで、ACL初戦に出場した監督たちの声をまとめている。

「2、3戦目の後に本当の実力が見える」の声も

 メディアデーでFCソウルのファン・ソノン監督は、ACL初戦の結果を受けて「とても憂慮すべき部分。危機意識を感じないといけない。Kリーグが主導権を失い、中国と日本が引っ張る形になれば手に余る難題となる」と反省しつつ、「もっと自分たちの強みを出していく必要がある。1分3敗が偶然であることを願うばかりだ。ACLの2、3戦目の後に本当の実力が見えてくるだろう」と話し、希望はまだ捨てる段階ではないとの判断だ。

 水原三星のソ・ジョンウォン監督は「初戦というプレッシャーが負担になり、自分たちが考えるプレーにあまりにも集中しすぎてしまい、チームの完成度が落ちてしまった」と反省の弁を口にした。

 また、済州ユナイテッドのチョ・ソンファン監督は「敗れはしたが、逆にまだできるという自信はある。残り5試合でプライドを取り戻したい」と強調。蔚山現代のキム・ドフン監督は、「体力的な部分で限界があった。ただ、時間が経てばしっかりと立て直せる」とまだ諦めていない。

 まだ初戦とはいえ、楽観視できないKリーグ勢の結果に、ACL出場の4チームは気を引き締めている。

キム・ミョンウ●文 text by Myung-wook Kim

最終更新:2/26(日) 22:41
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

Yahoo!ニュースからのお知らせ