ここから本文です

“スイーツ賢人”溺愛イチゴスイーツ3選【的場浩司編】

2/27(月) 20:32配信

東京ウォーカー

今回は、東京を代表するスイーツ識者たちが、街にあふれる“イチゴスイーツ”の中から、彼らが本当に愛するとっておきの3品をこっそり教えてくれました!

【写真を見る】「AUDREY(オードリー) 高島屋 日本橋店」の「オードリー ドゥミ」(8個入り1296円)

映画「陽光桜」や舞台「雪まろげ」に出演する的場浩司氏。スイーツのプロデュースも手がけるほどのスイーツ好きだが、そんな彼が教えてくれた“イチゴスイーツ”は…!?

■ ■「パティスリーSATSUKI」の「エクストラスーパーあまおうショートケーキ」(3240円 ※通常のショートケーキの1.5倍サイズ)

ホテルニューオータニのグランシェフ・中島眞介氏が手がけるスイーツが堪能できる「パティスリーSATSUKI」。隣接のカフェで、博多あまおうを8粒も使用する最上級ショートケーキを食べれば至福だ。

「エクストラスーパーあまおうショートケーキ」は、「自ら生産地に赴いて素材選びをするくらいの厳しい目と繊細なテクニックを持つパティシエならではのケーキ。すべてにおいて見事に調和がとれています」と的場氏。玄米を餌に育った鶏の卵や、シリアル、和三盆で仕立てたスポンジ生地は、素材のよさを感じさせてくれる。

■ ■「AUDREY(オードリー) 高島屋 日本橋店」の「オードリー ドゥミ」(8個入り1296円)

2016年の春にオープンした、行列必至のイチゴスイーツ専門店。同店のひと口生菓子「オードリー ドゥミ」は、ミルクとホワイトの2色のシャンパンガナッシュでイチゴを薄くコーティングしたものだ。的場氏は「チョコレートのコーティングが、イチゴの甘酸っぱさとみずみずしさを引き立てています。ビスケット生地も好アクセントですね」とコメント。

■ ■「千疋屋総本店 日本橋本店」の「クイーンストロベリーパフェ」(2700円)

香り高い香川県産のクイーンストロベリーは、高設栽培により美しく育つ。このイチゴを使用した「千疋屋総本店」のパフェについて、的場氏は「イチゴそのものも、上品なホイップクリームやバニラアイスも、それぞれにおいしい。でもパフェの醍醐味“混ぜて”食べれば、最高!」と“おいしい食べ方”も教えてくれた。

【ウォーカープラス編集部】

最終更新:2/27(月) 20:32
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。