ここから本文です

WEB上ではなぜ猫のほうが人気? 犬派より猫派が多く見えるのには理由があった

2/27(月) 12:00配信

BEST TIMES

愛犬家と愛猫家の愛情表現の違い

  犬と猫はペット界の二大派閥。この質問は幾度となく繰り返されてきたもので、犬派と猫派による議論が交わされてきた。どちらかに優劣をつけるわけではないけれど、互いに主張しあうことで、両者の魅力を再確認していたのかもしれない。

 愛犬家と愛猫家、どちらもペットにたくさんの愛を注いでいるだろうが、ペット関連の仕事をしていると、それぞれ「犬」、「猫」という動物に対する愛情表現が異なると思うことがある。
 たとえば、WEB上では猫派のほうが圧倒的に多いと感じるのではないだろうか。SNSなどに写真がアップされると、「かわいい」「癒される」といったコメントが続々と投稿される。それが見知らぬ人の投稿だったとしても、思わず感想を伝えたくなる人が多いようだ。

 それに比べると、犬の写真に対するコメントは少ない。あるサイトでは、プロのカメラマンが撮影したモデル顔負けの美しい犬の写真よりも、素人がスマートフォンで撮影したややブレている猫の写真に2倍以上の「いいね」がつけられた。写真のクオリティだけでなく、ポーズや表情がユニークであっても、「いいね」の数では猫の圧勝だ。
 この結果だけでは、愛犬家たちがWEBに関心を示していないように思えるかもしれないが、ブログやSNSを通じて飼い主同士が交流したり、それがオフ会にまで発展したりと、愛猫家に負けないほどの熱量で犬への愛をアピールしている。

犬が猫より「いいね!」が少ないわけ

 最初はこうした違いが不思議だったが、飼い主たちのコメントを見ているうちにあることに気づいた。それは、愛猫家は猫全般を広く愛するのに対し、愛犬家は自分が飼っている、または好きな犬種に特化して愛を注ぐ人が多いということだ。
 こうした意識は、動物をモチーフにした雑貨にも見られる。たとえば、アメリカン・ショートヘアを飼っている人が三毛猫のイラストが描かれたTシャツを購入することはあるけど、マルチーズを飼っている人がフレンチ・ブルドッグをモチーフとしたバッグを買うことは少ない、といった具合だ。

 アニマルモチーフの雑貨を扱うWEBショップを見ても、犬は犬種ごとにカテゴライズされていたり、ある犬種に特化したグッズを扱う専門店があったりするが、猫の場合は毛色や猫種を問わず「猫」とひとくくりにされていることが多い。こうした現象がみられるのは、犬は犬種によって見た目が大きく異なるからかもしれない。
 メインクーンのような大型種も存在するが、一般的なサイズ感はどの猫種も大差はない。毛色や毛の長さなど、種類によって個性があるのは認めつつも、「猫のイラストを描いて」といわれたら、多くの人が丸い顔に立ち耳の猫を描くだろう。

 一方、犬の場合は、犬種によって見た目がまるで違う。ゴールデン・レトリーバーのような大型犬もいれば、チワワのような小型犬もいる。プードルにいたっては、大型のスタンダード・プードルから小型のトイ・プードルなど、そのサイズはさまざまだ。
 顔つきも、ダックスフンドのようにマズルが長い犬と、パグのような短頭種ではかなり変わってくる。耳の形だって、立ち耳、垂れ耳があり、「犬のイラストを描いて」というお題には十人十色の犬が描かれることだろう。

 このように「犬」といっても犬種によって見た目が異なることから、自分が飼っている犬種をひいきしてしまうのかもしれない。WEB上では犬派が猫派よりも少ないと感じるのは、意見を統一することが難しいためではないだろうか。
 もちろん、「三毛猫に勝るものはない」と思う愛猫家もいるだろうし、「どんな犬種も大好き」と考える愛犬家もいるはずだが、いずれも共通するのは「うちの子がイチバン!」ということ。これは犬や猫だけでなく、ペットと暮らすすべての人にいえることかもしれない。

文/文/OFFICE-SANGA

記事提供社からのご案内(外部サイト)

出版社ベストセラーズの編集者が作る「感情を揺さぶる」情報マガジン「BEST TIMESベストタイムズ」。