ここから本文です

【自転車レース】ツール・ド・ランカウイ第5ステージは総合リーダーのギボンズが区間優勝

2/27(月) 8:13配信

CYCLE SPORTS.jp

黒枝士揮が区間8位でゴール

マレーシアで開催中の第22回ツール・ド・ランカウイ(アジアツアー2.HC)は、2月26日にメル・ラヤからクアラ・クブ・バルまでの151.5kmで第5ステージを競い、黄色いリーダージャージを着た南アフリカのライアン・ギボンズ(チームディメンションデータ)が、集団ゴールスプリントを制して区間優勝した。

日本勢は愛三工業レーシングチームの黒枝士揮が区間8位に入った。

 
■第5ステージ結果[2月26日/メル・ラヤ~クアラ・クブ・バル/151.5km]
1 ライアン・ギボンズ(チームディメンションデータ/南アフリカ)3時間27分20秒
2 ヤクブ・マレツコ(ウィリエールトリエスティーナ/イタリア)
3 トラビス・マッケーブ(ユナイテッドヘルスケアプロフェッショナルサイクリングチーム/米国)
4 リッカルド・スタッキオッティ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/イタリア)
5 アンソニー・ジャコッポ(アイソホエイスポーツ・スイスウエルネス/オーストラリア)
6 モハドザムリ・サレフ(テレンガヌサイクリングチーム/マレーシア)
7 マルコ・マロネーゼ(バルディアーニ・CSF/イタリア)
8 黒枝士揮(愛三工業レーシングチーム/日本)
9 モハマドイザットヒルミ・アブドゥルハリル(チームサプラサイクリング/マレーシア)
10 エンリーコ・バルビン(バルディアーニ・CSF/イタリア)
28 渡辺翔太郎(愛三工業レーシングチーム/日本)
31 伊藤雅和(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/日本)
33 住吉宏太(愛三工業レーシングチーム/日本)
34 中根英登(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/日本)
46 早川朋宏(愛三工業レーシングチーム/日本)
67 小林海(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/日本)
87 小森亮平(愛三工業レーシングチーム/日本)+45秒

■第5ステージまでの総合成績
1 ライアン・ギボンズ(チームディメンションデータ/南アフリカ)18時間53分06秒
2 キャメロン・バイリー(アイソホエイスポーツ・スイスウエルネス/オーストラリア)+23秒
3 アルベルト・チェッキン(ウィリエールトリエスティーナ/イタリア)+27秒
4 イェフゲニー・ギディッヒ(ヴィノ・アスタナモーターズ/カザフスタン)+29秒
5 メクセブ・デベサイ(チームディメンションデータ/エリトリア)+32秒
6 クリス・ハーパー(アイソホエイスポーツ・スイスウエルネス/オーストラリア)+33秒
7 ダニエル・ハラミリョ(ユナイテッドヘルスケアプロフェッショナルサイクリングチーム/コロンビア)+33秒
8 イーガンアーレイ・ベルナル(アンドロニジョカットリ/コロンビア)+33秒
9 ティモティー・ロー(アイソホエイスポーツ・スイスウエルネス/オーストラリア)+33秒
10 ベン・オコナー(チームディメンションデータ/オーストラリア)+33秒
13 中根英登(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/日本)+1分06秒
21 早川朋宏(愛三工業レーシングチーム/日本)+1分57秒
32 伊藤雅和(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/日本)+5分59秒
73 黒枝士揮(愛三工業レーシングチーム/日本)+36分44秒
74 渡辺翔太郎(愛三工業レーシングチーム/日本)+37分04秒
85 住吉宏太(愛三工業レーシングチーム/日本)+42分59秒
87 小森亮平(愛三工業レーシングチーム/日本)+43分20秒
101 小林海(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/日本)+48分20秒

[各賞]
■スプリント賞:ライアン・ギボンズ(チームディメンションデータ/南アフリカ)
■山岳賞:ジョンクロンボア・エブセン(インフィニットAISサイクリングチーム/デンマーク)
■アジア人最優秀選手賞:イェフゲニー・ギディッヒ(ヴィノ・アスタナモーターズ/カザフスタン)

最終更新:2/27(月) 8:13
CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年10月号

株式会社八重洲出版

10月号
毎月20日発売

特別定価890円