ここから本文です

イニエスタがバルサ監督と選手の関係悪化の噂を一蹴 「僕たちは全員同じ船に乗っている」

2/27(月) 10:03配信

Football ZONE web

終盤にメッシが決勝弾、難敵アトレチコに敵地で2-1と勝利

 バルセロナは現地時間26日に行われたリーガ・エスパニョーラ第24節アトレチコ・マドリード戦を、FWリオネル・メッシのゴールなどで2-1と勝利した。難敵を撃破後、主将であるMFアンドレス・イニエスタはルイス・エンリケ監督とチームに“溝”がないことを強調したと、スペイン紙「スポルト」が報じている。

「2017移籍金評価額トップ100」を発表! 欧州5大リーグで100億円を超えるのは…

 闘将ディエゴ・シメオネ監督率いるアトレチコに対して、この日のバルサは防戦気味となった。後半19分にMFラフィーニャが先制点をねじ込んだものの、その6分後にはセットプレーからアトレチコDFゴディンに頭で合わされて1-1の同点とされた。

 勝ち点3獲得は難しいかと思われた同41分、窮地を救ったのはやはりメッシだった。セットプレーの流れから右サイド深い位置に侵入したFWルイス・スアレスのラストパスを右足で合わせ、このシュートは一度相手DFに防がれたものの相手GKとの間にこぼれたボールを左足でプッシュし、ゴールネットを揺さぶった。バルサらしい華麗な崩しではなかったものの、勝利への執念が決勝点を呼び込んだ。

 試合後のインタビューに答えたイニエスタは、「僕らは満足しなければいけない。ここではいつも苦しめられるし、彼らは本当に素晴らしい形を持っている。アトレチコは数日前にチャンピオンズリーグ(CL)を戦わなければならなかったけど、前半は特に高いレベルだった。後半は少々疲れたみたいだけどね」と、薄氷を踏む展開だったことを認めている。

「勝とうが負けようがチーム全体の責任だ」

 それと同時に、CL決勝トーナメント1回戦パリ・サンジェルマンとの第1戦に0-4で敗れて以降、まことしやかに囁かれている指揮官とチーム内の不和についてもこう触れた。

「僕たちは全員同じ船に乗っているし、同じところに意識を持っている。監督は僕たちとともにあるし、僕たちも彼と一緒にいる。僕らは勝とうが負けようが、それはチーム全体の責任だ」

 この試合後に行われたビジャレアル対レアル・マドリード戦は3-2でレアルが勝利したことで、消化試合数が1つ多いバルサはレアルから首位奪回とはならなかった。CLでの大敗後、風当たりが強くなっているバルサイレブンは、勝ち続けることで周囲の懐疑的な視線をかわし、レアル追撃態勢を整えるしかない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:2/27(月) 10:03
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新