ここから本文です

ダイアナ妃はトレンドを先取りしていた!? いつの時代も一歩先行く、ダイアナ妃のベストルック

2/27(月) 16:57配信

ハーパーズ バザー・オンライン

ブリティッシュテイストの正統派チェックから映画『ラ・ラ・ランド』のイエロードレスまで。2017-18年秋冬のトレンドを彷彿させる、故ダイアナ元妃のアイコニックなスタイルを一挙プレイバック。

【写真10枚】いつの時代も一歩先行く、ダイアナ妃のベストルック10

1. メタリックカラー

オーストラリアのロイヤルツアーで、ダイアナ妃が着用したブルース・オールドフィールドによるダウンは、まるでグッチの最新コレクションから飛び出してきたようなデザイン。ふっくらとしたパフスリーブとプリーツたっぷりのシルエットで、メタリックの魅力を最大限に引き出した。

2. ギンガムチェック・プリンセス

2017年春夏のランウェイにカムバックしたギンガムチェック。ダイアナ妃は80年代からずっと愛用していた。

3. 英国調の正統派チェック

2017-18年秋冬を席巻した、ブリティッシュテイストのチェック柄。ダイアナ妃にとっては、トレンドになる前からの定番スタイル。このセットアップは、本人のリクエストにより、オーバーサイズに仕立てられているそうで、おしゃれへのこだわりが垣間見える。

4. 『ラ・ラ・ランド』風イエロードレス

イエローは、2017年春夏から秋冬にかけてのキーカラー。ダイアナ妃のドレスカラーを参考に、おしゃれ計画を立ててみては。

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年10月号
2017年8月19日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。