ここから本文です

大会得点王イブラ落選…吉田が「リーグ杯ベスト11」選出 「水をも漏らさぬ隙のない」堅守に称賛

2/27(月) 18:59配信

Football ZONE web

吉田はリーグ杯3回戦から決勝までの全6試合に先発フル出場

 サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也は、今季リーグカップ(リーグ杯)で特に活躍した11人と監督を称える「チーム・オブ・ザ・トーナメント」に選出された。「水をも漏らさぬ隙のない」鉄壁の守備陣を支える活躍が高く評価され、大会ベストイレブンの一人に名を連ねた。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 吉田は今季序盤戦でバックアッパーに甘んじていたが、カップ戦では出番を手にして着実にアピールを続けていた。このリーグ杯では3回戦から決勝までの全6試合に先発フル出場。2-3で敗れたマンチェスター・ユナイテッドとの決勝を除く5試合全てでクリーンシートを達成するなど、吉田は堅牢なサウサンプトンの守備陣を支えた一人として称賛されている。

「サウサンプトンは今季3回戦から登場し、吉田は(3回戦の)クリスタル・パレスをシャットアウトした2-0勝利の重要な役割を担った。その後もこのDFは、サンダーランド、アーセナル、リバプールとの2試合でプレーし、水をも漏らさぬ隙のないセインツの守備は破られることがなかった」

 この賞は決勝戦を前に発表されたものだった。吉田は決勝でも対峙したFWズラタン・イブラヒモビッチを相手に果敢なディフェンスで競り合った。3失点は許したが、高さを生かした空中戦の強さと、鋭い出足でのカバーリングでチームのピンチを何度も救っている。

サウサンプトンから3人、イブラは選外

 準優勝のサウサンプトンからは3人が選ばれ、吉田の他にMFソフィアン・ブファルとクロード・ピュエル監督が名を連ねた。

 イブラヒモビッチと並び、4得点で大会得点王となったリバプールFWダニエル・スタリッジや、3得点のアーセナルMFアレックス・オックスレイド=チェンバレン(アーセナル)も選出された。

 リーグカップの「チーム・オブ・ザ・トーナメント」は以下の通り。

【監督】
クロード・ピュエル(サウサンプトン)

【GK】
マルコ・シルベストリ(リーズ・ユナイテッド)

【DF】
トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール)
ハリー・マグワイア(ハル・シティ)
吉田麻也(サウサンプトン)
マッティ・ピアソン(アクリントン・スタンリー)

【MF】
ソフィアン・ブファル(サウサンプトン)
アンデル・エレーラ(マンチェスター・ユナイテッド)
モハメド・ディアメ(ニューカッスル)
アレックス・オックスレイド=チェンバレン(アーセナル)

【FW】
タミー・アブラハム(ブリストル・シティ)
ダニエル・スタリッジ(リバプール)

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:2/27(月) 18:59
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新