ここから本文です

DAZNの視聴トラブルは海外の試合でも… 26日のセリエAなど5試合が配信中止

2/27(月) 22:49配信

Football ZONE web

アクシデントが続くDAZNのライブ配信

 2017シーズンからJリーグの試合配信を行っているDAZN(ダ・ゾーン)が27日、26日に開催したJ1ガンバ大阪対ヴァンフォーレ甲府戦、J2愛媛FC対ツエーゲン金沢戦で起きた視聴トラブルに関して謝罪声明を発表したが、配信を予定していた海外サッカーでは26日(日本時間)のナイトゲーム5試合も中止となるアクシデントに見舞われていた。

「2017移籍金評価額トップ100」を発表! 欧州5大リーグで100億円を超えるのは…

 Jリーグ開幕戦で視聴トラブルが起きたDAZNだが、海外サッカーでも問題が起きていた。

 公式サイトでは26日午後11時に配信開始予定だったイタリア・セリエAのキエーボ対ペスカーラ戦、クロトーネ対カリアリ戦、ジェノア対ボローニャ戦、フランス・リーグアンのサンテテェンヌ対カン戦、27日午前2時のベルギー1部アンデルレヒト対ヘンク戦の配信が中止になったと発表した。

 サッカー以外にもテニスや自転車の公式戦の放映が中止される状況に、公式サイトでは「現在、一部コンテンツで正常に再生されない状況が報告されております。現在、復旧作業に当たっております。ご視聴をお楽しみのお客様、ご不便とご迷惑をおかけしておりますことを心より深くお詫び申し上げます」と謝罪の声明発表している。

J開幕戦の配信トラブルではCEOが謝罪声明

 Jリーグ開幕戦でのトラブルについては、DAZNのジェームズ・ラシュトンCEOも27日に「昨日、Jリーグのライブ配信において重大な問題が発生しました。視聴することができなかった全てのファン・サポーターに心よりお詫び申し上げます」とコメント。さらには「本来我々がJリーグを愛する皆さまに届けたかったものとは異なった結果になったことで、ファン・サポーターの皆さまに大変不快な思いをさせてしまったことは、私にとっても受け入れがたいことであります。まずは、原因の徹底究明と今後の改善に全力を尽くすことで、今後このような事態が起こらないように取り組んでまいります」と続けている。

 DAZNはJリーグと、今季から10年間で2100億円の放映権契約を結んだばかり。Jリーグ開幕節の配信状況に注目が集まっていたが、日本国内の試合のみならず、海外サッカーでもトラブルが続いてしまった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:2/27(月) 22:49
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新