ここから本文です

CK ジーンズ、デザイントップは元「マーク BY」デザイナー

2/27(月) 17:07配信

WWD JAPAN.com

CK ジーンズ、デザイントップは元「マーク BY」デザイナー

 カルバン・クライン(Calvin Klein)は、「カルバン・クライン ジーンズ(CALVIN KLEIN JEANS 以下、CK ジーンズ)」のグローバル・デザインのトップにルエラ・バートリー(Luella Bartley)を指名した。バートリーは自身のブランド「ルエラ(LUELLA)」を立ち上げた後、ケイティ・ヒリヤー(Katie Hillier)とともにウィメンズのレディトゥウエアのトップとして「マーク BY マーク ジェイコブス(MARC BY MARC JACOBS 以下、マーク BY)」のデザインを担当。「マーク BY」が「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」と統合されたのちは、ヒリヤーとともに「ヒリヤー バートリー(HILLIER BARTLEY)」を立ち上げた人物だ。

 バートリーは、チーフ・クリエイティブ・オフィサーとして全ラインを統括するラフ・シモンズ(Raf Simons)の右腕でカルバン・クライン インターナショナルのクリエイティブ・ディレクターを務めるピーター・ミュラー(Pieter Mulier)の下で働く。バートリーは現在、パートナーの写真家デヴィッド・シムズ(David Sims)と3人の子どもとロンドンで暮らしている。「CK ジーンズ」は年商80億ドル(約8900億円)強の「CK」ビジネスの基幹ブランドだが、近年苦戦していた。ところが最近、ヨーロッパとアジアでは売り上げが回復傾向にある。バートリーはラフのビジョンの下、ブランドの再生を加速する。

 これまで「CK ジーンズ」を統括していたケヴィン・カリガン(Kevin Carrigan)は8月にグローバル・クリエイティブ・ディレクターの仕事を辞し、ラルフ ローレン(Ralph Lauren)にシニア・ヴァイス・プレジデントとして加わった。ケヴィンは現在、アメリカのマス向けブランド「ローレン(LAUREN)」と「チャップス(CHAPS)」のデザインを統括している。

最終更新:2/27(月) 17:07
WWD JAPAN.com