ここから本文です

ダ・ヴィンチの幻の壁画に描かれた 戦いの舞台として知られる村の名は?

2/27(月) 12:01配信

CREA WEB

Magnificent View #1245アンギアーリ(イタリア)

 トスカーナにある人口6000人足らずの小さな街、アンギアーリ。

 ここは、11世紀に城が築かれ発展した街。旧門をくぐり城壁の中に入ると、坂道の小路には可愛らしい石造りの家が密集し、中世ヨーロッパのような街並みが広がっている。

 ところで、地名を聞いてレオナルド・ダ・ヴィンチの『アンギアーリの戦い』を思い浮かべる人もいるかもしれない。下書きのまま未完となった後、フィレンツェのヴェッキオ宮殿に現存しているのではないかと推定される幻の壁画だ。

 そこに描かれているのはまさに、ここアンギアーリで1440年に行なわれた、フィレンツェ共和国とミラノ公国との戦い。当時のままの姿を残す街は今、「イタリアの最も美しい村」の一つに名を掲げている。

芹澤和美

最終更新:2/27(月) 12:01
CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年9月号
8月7日発売

定価780円(税込)

100人の、人生を豊かにする1冊、1曲、1杯
本と音楽とコーヒー。

岡村靖幸×ほしよりこ
高橋一生「ひとり、静かな生活」

ほか