ここから本文です

馬場ふみかが“未開の地グンマ帝国”のヒロインに!?

2/28(火) 5:00配信

ザテレビジョン

3月6日(月)よりスタートする新ドラマ「お前はまだグンマを知らない」(毎週月曜夜0:59-1:29日本テレビ)の追加キャストが一挙に発表された。

【写真を見る】轟役を演じる吉村界人は「神月(間宮祥太郎)の赤裸々なモノローグを楽しんで」とアピール!

同作は“未開の地グンマー”“古代グンマー帝国”など、独特ないじられ方でインターネット上を中心に個性を確立している群馬県を舞台とした井田ヒロト原作の同名コミックをドラマ化。

間宮祥太朗を主演に迎え、群馬のあるあるを圧倒的熱量で描いた原作を元にオリジナルストーリーを展開する、前代未聞のご当地青春ラブコメディー作品だ。

今回発表されたキャストには、間宮演じる神月の元幼馴染・轟一矢役に吉村界人、ヒロイン・篠岡京役には馬場ふみかが名を連ねる。

さらにグンマをさまよう近藤夫妻役には、ほんこん、椿鬼奴。そして、群馬出身の山本博(ロバート)が神月の担任教師役で登場する。

ヒロイン役の馬場は「京はすごく面白いキャラクターだと思うので、役に決まった時はうれしかったです! 群馬でのロケは原作や脚本と同じく、ずっと強風が吹いて寒かったのが印象的でした。普段の“ツン”の京と、神月君の妄想の中での“デレ”の京のギャップをぜひ楽しんでいただければと思います!」とコメントした。

【あらすじ】

神月(間宮祥太朗)はチバ県からグンマ県へ引っ越してきた高校2年生。転校初日からグンマ特有の“上州のからっ風”の洗礼を受け、自転車を前に進めることが出来ない中、何食わぬ顔で神月を抜かしていくグンマ女子・京(馬場ふみか)の横顔に恋をする。

しかし、舞い上がる神月を待ち受けていたのは独自性の強いグンマの文化、そして異常なほどグンマ愛が強いクラスメイトたちだった―。

最終更新:2/28(火) 5:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)