ここから本文です

【自転車レース】アジア選手権ジュニア男子ロードで篠田幸希が9位

2/28(火) 23:04配信

CYCLE SPORTS.jp

カザフスタンが上位独占

アジア選手権ロード第4日目はジュニア男子ロードが行われた。

出走は54人、7周回89.6kmのレースは1周目からカザフスタン2人とイラン1人の3人が逃げを形成し、その差は10秒から40秒、そして1分へと広がってしまった。メイン集団にいる日本人選手4人、蠣崎優仁、篠田幸希、佐藤健、塩島嵩一朗は追走のチャンスをうかがうが成功せず、最終周回にはさらに集団に残ったカザフ2人にも行かれ、カザフが1位、2位、4位、5位。そして6位争いのスプリントで篠田が9位に入るだけの結果となった。

柿木孝之コーチは「1周目からカザフが行くのは想定の範囲内だったのですが、これほど常に後手、後手になってしまうとは.....」と頭を抱えた。


第37回アジア自転車競技選手権大会ロードレース
2月28日

ジュニア男子ロードレース(89.6km)
1位 MARUKHIN Daniil KAZ 2:10:31
2位 CHZHAN Igor KAZ 2:10:31
3位 JAMSHIDIAN GHALEHSEFIDI Amirhoss IRI 2:10:45
9位 篠田 幸希(群馬・前橋工業高校)2:11:20
30位 塩島嵩一朗(鹿児島・南大隅高校)2:11:27
31位 蠣崎 優仁(静岡・伊豆総合高校)2:11:27
34位 佐藤 健(熊本・九州学院高校)2:13:40

大前仁

最終更新:2/28(火) 23:04
CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年10月号

株式会社八重洲出版

10月号
毎月20日発売

特別定価890円