ここから本文です

テスラの電力貯蔵設備が示す、エネルギー市場の未来

2/28(火) 9:10配信

ライフハッカー[日本版]

Inc.:テスラは1月30日、米国ロサンゼルスの約65キロ東に建設した電力貯蔵設備のテープカットを行いました。冷蔵庫サイズのリチウムイオン電池スタック396個から成るこの設備は、太陽光発電や送電網からの電力を蓄え、夕方以降の約4時間、1万5000世帯に電力を供給します。

【エネルギー市場の未来は、どうなる?】

これは、エネルギー分野の未来を占うプロジェクトになるかもしれません。再生可能エネルギーが化石燃料に匹敵するコスト効率を実現した今、テスラがつくったような設備は、再生可能エネルギーを貯蔵し、必要に応じて供給する手段になり得るためです。そして、テスラがリチウムイオン電池の市場で先頭を走る一方で、別の革新的な電池を開発する、より小規模なスタートアップも現れています。

『New York Times』によれば、今回のテスラによるプロジェクトは、2015年に南カリフォルニアで起きた天然ガス火力発電所のメタン漏れ事故を受けて立ち上げられたものです。カリフォルニア州公益事業委員会は直ちに行動を起こし、補助的な電力貯蔵設備の設置契約を数社と結びました。その1つがテスラのプロジェクトです。

カリフォルニア州は、電力使用量の約10%を太陽エネルギーでまかなっており、これはアメリカ全州で最も大きな割合です。そして、太陽光発電施設が多いカリフォルニア州では、ソーラーパネルに太陽の光が当たる昼間に、電力の余剰が発生します。テスラがつくったようなバッテリー電力貯蔵設備を使えば、余った電力を蓄えておいて、日が暮れてから送電網に供給することができます。

テスラの電力貯蔵設備で使われている「Powerpack」バッテリーは、2015年に発表されたスーツケース大の家庭用バッテリー「Powerwall」をさらに大きく強力にしたものです。ただし、これらの製品は大量のエネルギーを貯蔵する唯一の手段ではありませんし、最良の手段とも言えません。

持続可能エネルギーを専門とするジョージ・ワシントン大学の教授で、クリーン技術のコンサルティングを行うThe Stella Groupの社長でもあるScott Sklar氏によれば、リチウムイオン電池の挙動は安定していません。リチウムイオン電池は1991年から販売されていますが、換気によって過熱を防ぐ必要があります。また、何かで穴が開いたり急速に動いたりすると発火するおそれがあります。

近年では、革新的な代替品を開発するスタートアップが現れています。ピッツバーグに本社を置くAquion Energyは、酸化マンガンと塩水を用いたナトリウムイオン電池を開発しています。この技術を使うと、発火や爆発のおそれがなく、毒性のない製品をつくれるそうです。Aquion Energyは、Kleiner Perkins Caufield Byersやビル・ゲイツ氏などから1億6000万ドル以上の出資を受けており、2016年には、この電池がプラッツの世界エネルギー賞にも選ばれました。

いっぽう、マサチューセッツ州のVionx Energyは、バナジウムという元素を使った液状バッテリーを考案しました。ベンチャーキャピタルから6300万ドルの資金を調達し、すでに米軍のエネルギー貯蔵システムの開発を始めています。バッテリー寿命は数十年とうたっており、実用化も近いそうです。

いずれの製品も、太陽光発電と統合できる可能性があります。昼間に太陽エネルギーを蓄え、夜になってから、家庭または送電網に供給するという仕組みです。

「われわれは、材料科学のルネサンス的な時代にいます」とSklar氏は語っています。「近い将来、自分の好きなように選択できる時代がやって来るでしょう。すでに実現可能な選択肢がいくつもあるのですから」

ただしSklar氏は、テスラのバッテリー技術は決して革命的でないかもしれないが、同社のビジネスモデルは業界に大きな変化をもたらす可能性があると付け加えています。テスラは、インターネットに接続されたバッテリー電力貯蔵設備を標準化し、サービス契約、10年保証、多様な料金体系を用意することで、現在ある「再生できないエネルギー」の現実的な代替品をつくり上げようとしているのです。

「バッテリー電力貯蔵設備を実用化し、規模を拡大するうえで、そうしたビジネスモデルは極めて重要です」とSklar氏は述べています。「イーロン・マスク氏が行っていることは、特定のバッテリーの化学構造にとどまらない、はるかに大きな意味を持っているのです」

近い将来、後に続く企業が次々と現れ、さらに新しい製品が生み出されることになるでしょう。Sklar氏は次のように予想しています。「バッテリー市場は非常に活発です。今後5年以内に間違いなく、複数のまったく新しい企業を目にすることになるでしょう」


What Elon Musk's New Power Plant Means for the Future of Batteries|inc.
Kevin J. Ryan(訳:米井香織/ガリレオ)
Photo by Getty Images.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。