ここから本文です

C・パレス、勘違いしたサポーターにクラブバスが落書きされ…約5百万円の損害被る

2/28(火) 8:00配信

フットボールチャンネル

 クリスタル・パレスは、勘違いしたサポーターにより思わぬ損害を受けたようだ。27日付の『ザ・サン』などが報じている。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 現地時間25日にプレミアリーグ第26節が行われ、34分にDFパトリック・ファン・アーンホルトが決めたゴールを最後まで守り切ったホームの17位C・パレスが、残留争いにおいて直接的なライバルとなる16位ミドルズブラを1-0で下した。この結果、C・パレスはハル・シティを追い抜いて順位を浮上。この日対戦したミドルズブラと勝ち点で並ぶことになった。

 しかしその一方で、C・パレスは試合とは関係ない所で思わぬ損害を受けていたという。試合前日の金曜日の夜、頻繁に対戦チームが宿泊するとされているホテルへとやって来たサポーターグループは、ホテルの外にクラブバスが駐車されているのを発見。そこでこれをミドルズブラのクラブバスと判断した同グループは、翌日に行われる試合を考慮してか、バスの片側にスプレーなどで青色と赤色に着色すると、その上に白色で「Crystal Palace FC」と文字を書いたとされている。

 ところが、実際にはこのバスがC・パレスのクラブバスだったという。翌朝にこれを見たサム・アラダイス監督は憤慨し、急遽代車を用意するよう指示。一方、警察に通報したクラブは、この“グラフィティ”事件により約4万ポンド(約560万円)の損害を被ることになったと報じられている。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)