ここから本文です

レスター、ボール保持率では31%と劣るもシュート数はほぼ互角。枠内7本で3得点

2/28(火) 8:41配信

フットボールチャンネル

 現地時間27日にプレミアリーグ第26節の試合が行われ、レスター・シティはリバプールと対戦し3-1の勝利をおさめた。27日に英紙『BBC』がこの試合のデータを公開している。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 同紙によると、レスターのボール保持率は31%でリバプールが69%。ボールを持つ時間は相手の方が長かったものの、シュート数ではレスターが13本でリバプールが17本と、ほぼ互角だった。枠内シュートもそれぞれ7本ずつとなっている。

 リバプールは今季、バーンリーやボーンマス、スウォンジー・シティやハル・シティなど下位のチームに敗れていた。アーセナルやチェルシー、トッテナムなどの上位チームに善戦する一方で、下位相手に勝ち点を落としている。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)