ここから本文です

広島ユースはなぜ結果を出し続けられるのか。熱血漢、沢田謙太郎が勝負の3年目に臨む

2/28(火) 7:00配信

SOCCER DIGEST Web

「この試合、一番足りなかったのは僕自身です」。

一言で言うと、熱い男だ。
 
「『サンフレッチェらしい選手』として、卒業した後も、どこに行っても活躍できて、苦しいときも、キツいときも下を向かず、元気良く、勢いの良さがいつもある。僕はそんな選手を育成していきたい」

【PHOTO】 日本高校選抜vsU-18 Jリーグ選抜を彩った好タレントたち


 2月24日、高円宮杯U-18サッカー・プレミアリーグの記者発表会見でこう語ったのは、サンフレッチェ広島ユースを率いる沢田謙太郎監督だ。
 
 広島ユースと言えば、U-17日本代表を指揮する森山佳郎監督がかつて、「気持ちには引力がある」の言葉をチームに浸透させ、どんな状況でも諦めず、勝負にこだわって戦い抜くチームを作り上げた。田坂祐介、高萩洋次郎、森脇良太、槙野智章、柏木陽介、茶島雄介、野津田岳人ら多くのJリーガーを輩出。沢田監督はそんな「戦うサンフレッチェ」をしっかりと継承し、昨年度は最後の1秒まで闘争心をむき出しにファイトするチームに仕立て、プレミアリーグWESTで見事優勝を飾った。
 
 高校サッカーとJクラブユースの違いを語るとき、勝利への執念や球際の激しさなど、とかく技術面より精神面の差が挙げられる。もちろん的外れな指摘ではないが、それがすべてではない。広島ユースのように気迫を前面に押し出して敵を圧倒する、逆境を跳ね除けて勝利を掴むサッカーが伝統のチームもある。
 
 昨年末のチャンピオンシップ。プレミアリーグEAST王者の青森山田を向こうに回した一戦は、結果的に0-0のままPK戦にもつれ込んで涙を呑んだが、どちらに転んでもおかしくない拮抗した内容だった。だが、沢田監督は試合後の記者会見で、まっすぐに前を向き、開口一番にこう語ったのだ。
 
「この試合、一番足りなかったのは僕自身です」

戦う集団をワンランク上へいざなう。

 大一番で指揮官は、交代のカードを一枚も切らなかった。その点について質問を受けると、「ここも僕の足りない部分。試合に出ていた選手、サブの選手、誰が出ても活躍できるようなイメージを植え付けられなかった。そこが僕の甘いところでもありました。出ていない選手の良い部分をもっと引き出して、足りない部分をカバーさせる指導力が、僕にはありませんでした」と、ハキハキとした口調で答えた。
 
 敗戦はすべて将に責任がある。広島ユースを率いた2年間で、山あり谷ありの貴重な経験を積み、選手たちに情熱を注いできたが、まだまだ足りない。そう自分を戒めたのだ。同時に、自身の監督3年目に向けて、新たな「戦う集団」を鍛え上げんと、溢れんばかりの意欲を示した。
 
「来年は継続です。去年(2015年)、今年とやってきたことを、きちんと自分の中で消化して、選手たちにもっと働きかけていきたい。どうやったらヘッドで勝てるか、どうやったら競り勝てるか、どうやったらシュートまで持ち込めるか。今やっている『その先』を一つひとつ達成していきたい」
 
 そして、新たなシーズンの幕が上がる。4月8日に開幕するプレミアリーグに向けて、沢田監督は会見の場でこう決意を語った。
 
「緊張もあるが楽しみです。そのなかで本当に逞しいチームにしたい。チャンピオンシップを戦ったときに感じた、ヘディングの戦いとか、まだ細かい部分で足りないところが多い。トップ昇格した(イヨハ理)ヘンリーも、相手にぶっちぎられるシーンがあった。今年はより細かい部分を上げて、突き詰めていきたいです」
 
 沢田サンフレッチェ、3年目のシーズン。森山イズムを引き継いだ熱き男は、経験値をさらに高めて、「戦うサンフレッチェ」をワンランク上へといざなう。
 
文:安藤隆人(サッカージャーナリスト)

最終更新:2/28(火) 11:21
SOCCER DIGEST Web