ここから本文です

作っておけばおいしく時短に!簡単自家製だれのレシピ5選

3/1(水) 16:30配信

東京ウォーカー

■ 何にでもかけたくなる!?ヘビロテしたくなる自家製だれ

毎日のごはんづくり、なかなか味が定まらないことはないですか? そんなとき、おいしいたれやソースがあれば、一度でピタッと味が決まります。和風、洋風、アジアンテイストなど、いろいろとバリエーションを覚えておけば、いつもの食材を使って、いつもとはひと味違った味を簡単に楽しむことができますよ。

ナゲットソースハニーマスタード



■ ピリッと甘辛い「南蛮みそだれ」

<材料作りやすい分量人分>

みそ…100g、青とうがらしの小口切り…4本分、白いりごま、砂糖…各大さじ1、酒…大さじ2、一味とうがらし…少々

<作り方>

小鍋にみそ、青とうがらし、ごま、砂糖、酒、一味とうがらしを入れて混ぜ、火にかける。フツフツしたら火を止め、さます。

クセになる美味しさ! そのままキュウリや大根のディップに使うのもおすすめ。塩こしょうで焼いた鶏肉につけてもご飯が進みます。



■ 相性抜群の組み合わせ「ナゲットソースハニーマスタード」

食パンにぬってハム、レタス、チーズをサンドすれば、絶品サンドイッチの出来上がりです!



■ クセになる香り「ナンプラーだれ」

つけるだけで簡単にアジアンテイストの料理ができる万能だれ。蒸し鶏やパクチーのサラダに合わせてみては?



■ みじん切りのたくあんがアクセント「和風香味だれ」

冷ややっこにかけてみたり、うどんにかけてみたり。作り置きしておけばいつでも簡単に和風の料理を楽しめます!



■ 鍋のおともにぴったり!「オイスターだれ」

お肉にも合うので、豚しゃぶサラダやステーキなどにもおすすめです。



つけるだけ、かけるだけで簡単に料理の味を美味しくしてくれます。日持ちがするものも多いので、週末など時間がある時にまとめて作っておいてもいいですね。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:3/1(水) 16:30
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。