ここから本文です

ツール・ド・フランス2018のグラン・デパール詳細発表

3/1(水) 13:59配信

CYCLE SPORTS.jp

バンデー県とペイ・ド・ラ・ロワール地方で開幕

ツール・ド・フランス(UCIワールドツアー)を主催するアモリー・スポール・オルガニザシオン(ASO)は、2月28日にフランス西部のバンデー県で記者発表会を行い、2018年のグラン・デパール(開幕地)の詳細を発表した。

来年開催される第105回大会のグラン・デパールは『バンデー県とペイ・ド・ラ・ロワール地方』で、6月30日(土)に開幕。初日はプロローグではなく、ノワールムティエ・アン・リルからフォントネ・ル・コントまでの195kmで通常ステージが行われる。初日の見どころはスタートしてすぐに通過する有名な干潟のパサージュ・デュ・ゴワだ。

プロローグがない代わりに、第3ステージにはショレがスタートとゴールになる35kmのチームタイムトライアルが設定されている。第4ステージはラ・ボールをスタートし、ペイ・ド・ラ・ロワール地方を離れる。その行き先は、10月17日にパリのパレ・ド・コングレで行われるツール・ド・フランス2018コース発表会で明らかになるだろう。

[ツール・ド・フランス2018 グラン・デパール詳細]
6月30日 第1ステージ ノワールムティエ・アン・リル~フォントネ・ル・コント 195km
7月1日 第2ステージ ムイユロン・サンジェルマン~ラ・ロシュ・シュル・ヨン 185km
7月2日 第3ステージ ショレ~ショレ(チームタイムトライアル) 35km
7月3日 第4ステージ ラ・ボール~???

最終更新:3/1(水) 13:59
CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年10月号

株式会社八重洲出版

10月号
毎月20日発売

特別定価890円