ここから本文です

山田大記所属の2部カールスルーエ、自動降格圏の17位転落。独紙も酷評「大きな恥」

3/1(水) 12:42配信

フットボールチャンネル

 山田大記が所属するカールスルーエは現地時間27日、アウェイで宮市亮が所属するザンクト・パウリと対戦し、0-5で敗れた。

香川は35得点で2位 ブンデスリーガ日本人得点ランキング 1位は…

 この敗戦を『カールスルーエにとって大きな恥。特に後半は最悪だった』と28日付けの地元紙『ka-news』は伝えた。

 記事によると、「自動降格圏の17位に落ちたチームは、このまま急速に谷底まで下りてしまう」と辛辣に表現し、オリバー・クロイツァーSD(スポーツディレクター)も「このような試合をしていれば、到底残留などすることはできない」とチームの戦いに不満を表している。

 左MFとして先発出場し、53分までプレーした山田大記に対して同紙は「4」の採点を付け、「試合の序盤こそ本来のプレーを見せるが、時間の経過とともに落ちてきた」と評した。
※『ka-news』は「6」が最低点で「1」が最高点となっている。

 一昨季には1部昇格プレーオフまで上り詰めたカールスルーエだが、今季は浮上のきっかけをなかなか見つけることができないでいる。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)